新入生は大学生協の賃貸と不動産屋の賃貸、どっちがお得?

新入生は大学生協の賃貸と不動産屋の賃貸、どっちがお得?

 

今回は大学生協の賃貸物件と一般的な不動産屋の賃貸物件について少しだけ書いてみようと思います。

大学に入学をする際、実家から通学をする人もいれば一人暮らしを始めようと考える人もいるかと思います。

大学からの入学案内には生協の賃貸のパンフレットが入っている事も多いので、生協から部屋を申し込もうという

学生さんも多い事でしょう

また学生さんは初めての一人暮らしという事もあり両親が部屋選びに参加するという感じも多いのですが

それでもなかなか気に入った部屋が見つからないという場合も少なくありません。

一方で地域の不動産屋としても生協から紹介を受けられれば繁忙期に保証人がしっかり付いたお客さんを

獲得できる事は間違いないので、生協に自社のパンフレットを置かせてもらう等の営業活動に力を入れている

会社もあります

生協というと公的期間のイメージを持つ人もいるかと思いますが、通常は都道府県から免許をもらっている

不動産業者です。媒介を行う以上は宅建業の免許がないと営業ができませんので生協もその意味では同じ

という事ですね。

スポンサーリンク

生協から申し込むと学生さんにどのような利点があるのかという事になりますが、まずは大学しての寮や学生館・

下宿は生協さんを通す事になる場合が多いので、同じ大学の生徒さんと一緒の建物で生活したいという

学生さんにとってはこれが利点と言えるでしょう。またその寮や下宿によっては安価で食事付という物件も

あるので子供の栄養の偏りが気になる両親としては安心できるという部分もあるかと思います

また普段の生活においても特に生協の管理物件については生活トラブルが起きても生協のアドバイス等が

受けられるという点も安心に繋がるという人もいるのではないでしょうか。また窓口も大学内にあるので

不動産屋のように入りづらいとか相談しづらいという事もなく困った時には相談しやすいという点もあります。

しかし逆に生協の管理物件というのはその大学の周辺にある事がほとんどなので、例えばその学生さんが

駅から離れた他の地域に住んでみたいという希望があった場合には、生協の紹介する物件から希望の物件が

見つかる可能性はかなり低くなります特に地方の大学の場合には都会暮らしを望む学生さんも中にはおり

大学周辺での生活を嫌悪する学生さんがいる事も事実です。また学生さんだけの物件という事で生活ルールの

縛りが通常の賃貸物件よりも多少厳しい物件も多いです。楽器演奏禁止や就寝時間帯がある程度決まっている

物件もあります。

また費用面においても単純に生協が紹介する物件とは言っても実際に生協が管理している物件と

生協を通して他の不動産会社と契約する形の物件があり、生協管理であれば仲介手数料が無料になるけど

生協管理以外の物件は仲介手数料がかかる(生協の場合は紹介料という名目が多い)というケースもあるので

実際の費用については事前によく確認してから申込みをする事が必要になってきます

また初期費用1つ取っても通常の不動産屋であれば家賃については当月日割り分+翌月分家賃を支払うに

とどまる事が多いのですが、生協の物件には例えば4か月分の家賃+共益費を前払いしなくてはならない等の

制約が付くものもあります。

生協管理物件とは言っても物件の所有者が生協という意味ではなく大家さんは別にいるので、生協は大家さんに

広告料等の名目で費用を徴収しているケースも多いです。仲介手数料無料の物件というのはこのように

大家さんや不動産会社から手数料を徴収しているので学生さんに仲介手数料無料にできるんですね。

この辺りは通常の不動産屋とさほど変わりはありません。ですが通常の不動産屋が大家さんに請求する

広告料(AD)は1~2か月分が相場ですが生協が大家さんに請求する広告料は0.3~0.5か月分くらい

の所が割と多いようです。この辺は大家さんに対しても良心的と言えるのかもしれません。もしくは生協という名が

あるばかりにあまりに過大な費用は徴収できない側面があるのかな。。

ですから学生さんがするべき部屋探しというのは生協か、不動産屋かという選択肢で決めるのではなく

まず自分が住みたい物件や住み心地の良さそうな物件を選び、その上で費用面などを比較するという

物件主体の部屋探しをするべきだと思います。せっかく楽しみなキャンパスライフが住む家のせいで

切ない学生生活になってしまった、、なんて事になったら勿体ないですからね

最適な生活場所を見つけて充実した学生生活を送りたいものですね

スポンサーリンク