借主の自殺は善管注意義務違反になるって?

借主の自殺は善管注意義務違反になるって?

 

今回は借主さんの善管注意義務違反について少しだけ書いてみようと思います。

部屋を退去する時の原状回復費については、「自然に生活していてできた汚れや傷など」は通常は

大家さんの負担となっています。

ですが例えば借主さんがジュースをこぼしてカーペットを汚してしまったり水漏れがあるのに放ったらかしにして

壁がカビてしまったりという場合には借主さんの負担となる可能性があります。

スポンサーリンク

それは借主さんに「善管注意義務」という義務があるからですね。「借主は借りた部屋を善良なる管理者の注意を

持って使用する義務を負う」義務があり、それに反して「不注意、管理・使用方法が悪い結果、部屋や備品を

汚したり壊したりすれば、損害賠償義務を負う」という事になっています。また汚したり破損したりした事に

気付いているのに大家さんに連絡もせず放っておいた場合も後から借主さんが責任を負う可能性があります。

善管注意義務は略して善管注なんて言われていますね。

さてこの善管注意義務違反は主に借主さんが生活している間に使用される事が多い言葉です。

ですが実生活以外においても適用されるケースがあります。

それは借主さんの部屋内での「自殺」です。

縁起でもない言葉ですが過去に借主さんがマンション内で自殺した事により大家さんが裁判を起こし

借主の善管注意義務違反が適用されたケースもあります。

借主さんが自殺すると部屋内にその臭いや汚れが残る事もありますし、血痕などが残る場合もあります。

またその部屋は次の借主さんを募集する際にも重要事項として当該自殺があった事を説明しなければなりません。

またこのような事故物件は家賃を下げないと入居者が決まりづらい部分もあるため、その分大家さんの

利回りも大幅に下落します。またその自殺があった部屋だけでなく、その両隣や上下階の募集にまで影響を

及ぼす可能性があります。そのような損害を賠償請求するために大家さんが裁判を起こしたんですね。

裁判の結果は相続人や連帯保証人に損害賠償責任を認めさせる事になりました。現実には借主さんが死亡

している為、連帯保証人の債務も消滅しているのでは?という声もありますが、その裁判では連帯保証人にも

損害賠償責務があるとの判例が出ています。

以上のように善管注意義務の対象には建物や設備を損傷しないようにする事ももちろんですが、賃貸物件内で

自殺をしないようにする事も含まれるという事になります。

自殺というと借主本人としては周りの者に迷惑をかけないように静かに命を絶とう、、という思いからだった

かと思いますが、結果的に相続人や連帯保証人にまで迷惑をかけてしまう事もあります。

自殺というのは深刻なテーマですが、他人の家を借りているというのは様々な責任が付いて回るという点も

忘れずにしておきたいですね。

スポンサーリンク