更新契約書に連帯保証人が署名捺印しなかった場合、その後の責任は?

更新契約書に連帯保証人が署名捺印しなかった場合、その後の責任は?

 

今回は賃貸の更新時の連帯保証人について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸の契約では通常は2年毎くらいの期間で更新の時期を迎えます。

更新時期が近づくと管理会社から更新契約書が送付されてそれに署名・捺印すると共に

更新料を家賃の1~2か月分くらい入金する事になるのが普通です。

その更新契約書には契約者本人だけではなく連帯保証人の署名・捺印が必要になる事も多いです。

契約者だけでなく連帯保証人に対しても更新後の意思確認が必要という事ですね。

スポンサーリンク

ですがもしこの更新時に連帯保証人が更新契約書に署名・捺印しなかった場合はどうなるでしょうか。

更新後に例えば契約者に家賃不払い等が発生しても連帯保証人に責任は生じない事になるでしょうか。

結果として最高裁の判例としては更新時に連帯保証人が更新契約書に署名・捺印していなくても

更新後の不払い等について連帯保証人は責任を負う、としています

建物の賃貸借契約というのは期間の定めの有無に関わらず、本来相当の長期間にわたる存続が予定された

契約関係である事・賃貸借は借主が更新を希望する限り基本的に継続するものであるから、連帯保証人としても

当然このような賃貸借関係の継続は予測ができるという事、などが理由として挙げられています。

もちろん反対の趣旨を認めさせるほどの特別な理由があれば覆せる可能性もありますが、通常は難しいでしょう。

また契約時の契約書や連帯保証人引受書等に「連帯保証人は借主と連帯して本契約から生じる一切の債務を

負担するものとします。また本契約が合意更新あるいは法定更新された時も同様とします」などの文言が

記されていた時には増々反論する事が難しくなってきます

上記のように普通借家契約であれば連帯保証人は更新後も責任を負う事になりますが、これが定期借家契約

であれば話は別です。定期借家契約は基本的に更新が無い契約形態となりますので期間満了後に居住延長

する場合には再契約をする事になります。この場合には連帯保証人が再度保証引き受けをしない限り、

再契約後の責任は連帯保証人には無いと考えて良いかと思います

確かに管理会社によっては更新契約書に連帯保証人の承諾をもらわない会社もありますし、ずさんな会社だと

更新時の手続きさえ怠っている管理会社もあります。しかしそのような場合でも連帯保証人の責任期間は

更新後にも及ぶとされてしまう可能性が高いと言えます。契約書や保証人の責任の重さを改めて感じますね。

連帯保証人というのは契約者が負うのとほぼ同等の債務を背負っていると考えて良いかと思います。

家賃の不払いはもちろんですし、居住期間中の善管注意義務違反による修繕義務や退去時の原状回復義務など

単純に賃貸と一言でいっても色々な債務を負わされています。

自分が連帯保証人になる際にはどの程度の債務を連帯して保証する事になるのか、保証期間はどれくらいに

及ぶのか等、詳細をよく確認してからサインしたい所ですね

スポンサーリンク