賃貸トラブルが起きやすいのは契約書配布のタイミングのせい?

 

今回は賃貸トラブルのタイミングについて少しだけ書いてみようと思います。

お部屋を内見して気に入った物件が見つかったら申込みをして審査が通ったらいよいよ契約手続きへ、、

という流れが賃貸の契約では一般的かと思います。

審査が通った後に仲介会社から契約日時について借主さんへ連絡があると思います

契約日時までに初期費用を振り込んでおく必要がある場合もありますし、契約日当日に初期費用を持参していく場合も

あります。それはその管理会社の対応によってそれぞれです。

スポンサーリンク

どちらにしても契約日当日になって借主さんは仲介不動産屋から渡される契約書を初めて見る訳です。

不動産に関わらず通常の契約事であれば双方共に契約内容についてはある程度確認した上で契約手続きに

進む事が普通です。あらかじめ契約書類を確認しておく場合も多いでしょう

しかし不動産賃貸においては管理会社が大家さんと契約内容について協議の上、契約内容を決めます。

ですから大家さんはその物件の契約内容について良く理解していますが、借主さんは概要しか知らないという

場合が非常に多いです。

また契約日当日に契約書を見てみると初めて聞かされるような内容を見る事になります。

違約金の存在・借主に不利な特約の存在・残置物の存在・敷金償却の存在など最初に見せてもらった図面には

記載されていない事がたくさん記載されています

しかも不動産屋の中では契約書に全て目を通す時間はありません。あの文面を全て一般の方が理解するには

かなり時間がかかるでしょう。また不動産屋には契約書を読み上げて借主さんに理解させる義務はありません。

あくまで重要事項説明書や東京ルールという業法で決められた書面のみを読み上げて署名・捺印してもらう

事が仕事です。

中には契約書の内容まで説明してくれる親切な担当者もいるでしょう。しかし一文一文全てを説明するには

膨大な時間がかかり、大事な部分をかいつまんで説明するに留まる事が多いような気がします。

契約書というのは細かい文字の中に大事な内容が書かれています。しかしその契約書について説明を

受けなかったからといって後でトラブルになっても、契約書を読んでいなかったでは済まされない事になります。

読んでいなくても不動産屋としてはしっかり署名・捺印もらっている訳ですからね。

私も重説・東京ルールの他に契約書内容を簡単に説明するようにしています。

その時に必ずといっていいほどお客様が取るリアクションは「えっ、そんな罰則あったの?聞いてなかった。。」

みたいなリアクションです。中にはそれによって交渉が長引いてしまったり破断になったりするケースも

あります。ですから不動産屋からしたら契約書面というのは基本的には説明義務がないという点と、説明したら

面倒になるからという点で契約書にはノータッチな事が多いんです。

通常であれば契約書類一式は管理会社から仲介会社へ契約日の数日前に到着しています。

ですから相談してみて可能であれば契約書類を事前にチェックさせてもらうようにしましょう

契約日当日にいきなり契約書類を見るのと、あらかじめ予習しておくのでは雲泥の差です。また不明な点を

整理しておいて質問や訂正を求める事もできます。

本来であれば貸主と借主は対等な関係であるはずですが、契約書の持ち回り等によりどうしてもこのような

現象が起きてしまいます。契約前に不明な点はきちんと確認するようにしておきたいですね

スポンサーリンク