定期借家契約は解約通知を怠ると普通借家契約へ移行するって?

定期借家契約は解約通知を怠ると普通借家契約へ移行するって?

 

今回は定期借家契約について少しだけ書いてみようと思います。

定期借家契約は期間限定の賃貸です。例えば契約期間2年の定期借家であれば2年後に

契約は終了します。基本的に更新はありません。もちろん期間経過後に貸主さんと借主さんが合意すれば

再契約する事も可能です。

スポンサーリンク

最近では定期借家契約が少しずつ多くなってきました

大きな理由としては借地借家法の存在があります。借主さんがトラブルを起こしたり迷惑行為を起こしたとしても

この法律が借主さんを手厚く保護しているため、貸主さんは借主さんを建物から簡単に追い出す事はできません。

また普通借家契約は基本的には更新を続けていくため、例え貸主さんがその建物を他の用途で使用したい

と思っても正当事由という余程の理由がなければ解約する事ができません。また立退料の支払い等も

必要になってくるので大家さんとしては赤字です

そんな事情があってこの定期借家契約というのは文字通り期間限定の賃貸借ですので、期限が到来したら

契約は終了します。契約の終了に正当事由も立退料も不要なんですね。だから近年この定期借家契約を

利用する貸主さんが多くなってきています。

でもそんな定期借家契約にも幾つか決まりがあります。その一つは定期借家の期限が到来する6か月前から

1年前の間に借主さんに対して解約通知を出さないといけないという事です。もっと細かく言うと

定期借家契約の期間が1年未満の契約であれば解約通知は不要なんですが1年以上の場合は必ず通知

するようになっています

でも6か月前から1年前に通知しなかったとしても例えば期限の3か月前に通知したとかいう場合は

その通知が借主さんに到達してから6か月を経過した日に契約を終了させる事になっています。

ではもし期限が到来してもまだ解約通知も何も出していなかった場合はどうでしょうか。また契約の期限が

到来する事を借主さんに伝達しておきながら、いざ契約終了時期に契約解除の手続きを忘れてしまった場合は

どうなるでしょうか。

その場合には定期借家契約→普通借家契約に移行してしまう可能性があります。期限到来後に貸主さんから

何の通知もなく異議もないまま、借主さんが長期的に建物を使用している場合には普通借家契約に移行した

とみなされてしまう場合があるのです。普通借家契約に移行してしまったら、当然借主さんを退去させるには

正当事由が必要になってきますし、立退料の提供の必要性も出てくるでしょう。

ですから貸主さんの立場からすればこの6か月前から1年前までの解約通知というのはとても大事なものです。

せっかく定期借家契約を締結して契約終了後の将来の建物の利用計画を立てていても台無しになる可能性が

あります。契約時だけでなく契約終了時の手続きもしっかりと完了しておきたいものですね

スポンサーリンク