「その不動産買取ります!」不動産買取会社の儲けの仕組みって?

 

今回は不動産買取会社の儲けの仕組みについて少しだけ書いてみようと思います。

チラシやネット等に「その不動産買取ります」なんて文句を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし一般の方々から見るとその不動産会社がどのようにして利益を出しているのだろう?と考える人も

いるかもしれません

まず不動産買取会社というのはお客様から不動産を買い取りしたとしてもその不動産をそのまま保有し続ける

という事はあまりしません。その物件を賃貸等に出してチマチマ家賃で稼ぐなんて事は馬鹿らしいからですね。

ではどのように利益を出すかというとまずお客様から不動産を買い取りする際に一般の価格相場から

2割~3割ほど安い価格で買い取る事になります。単純に言えばその2~3割安い価格で買い取りして

通常の価格相場で他の人に売却すればその価格差で利益が出る事になります

例えば通常の相場が3000万円のマンションがあるとすれば2300~2500万円くらいで買い取りする

訳です。そして次に買取したそのマンションを3000万円で売却すれば数百万円の利益になります。

普通に仲介をすれば3000万円の物件であれば3000万×3%+6万円=96万円にしかなりません。

買主も自社で見つけてきたとしても96万円×2=192万円の利益にしかなりません。そうなると

物件を安く買い叩いて一般相場で売却してしまったほうがその不動産屋としては儲かる訳です

また不動産屋と不動産買取業者がタッグを組んでいる場合もあります。例えばある不動産屋Aが売主から依頼され

マンションの仲介をしていたとします。仲介をしている以上、その不動産屋は買主を探す事になります。

通常であれば普通にそのマンションをレインズやポータルサイトに広告して買主を探す事になるのですが、

その際に悪質な不動産屋ではある程度の期間、物件を干します

スポンサーリンク

「物件を干す」とは広告等の売却活動を全く行わない事を言います。広告をしなければ当然その物件の存在自体

が市場に流れていない訳ですから売却できる訳がありません。そして売主に対しては「他のお客様の反応が悪く

買主が見つからない」等の理由を告げそのマンションの売却価格を下げるように打診します。

腑に落ちない売り主ですが早期に売却したいために仕方なく価格を下げるのです。そうすると前述の不動産

買取業者の登場です。不動産屋Aより紹介を受けた買取業者は買主として相場よりかなり低い金額で購入できるので

すぐにそのマンションを買取りします。この時点でまず不動産屋Aには仲介手数料が入ります。

そして買取業者は買い取ったマンションを一般相場の価格(買取価格より2~3割高い価格)で売りさばきます。

これだけで買取業者にとっては数百万円の利益になります。さらに買取業者が買い取ったマンションを売りに出す時に

その仲介を任されるのが先ほどの不動産屋Aなんです。再度仲介を成立させれば当然不動産屋Aには

買主と売主双方から仲介手数料が入ります。

買取業者にしても不動産屋Aにしてもタッグを組んで取引する事によってかなりオイシイ取引になるんですね

まとめると不動産屋Aから物件を紹介してもらう→買取業者がそのマンションを安く買い取り→その買い取った

マンションを再度不動産屋Aに仲介してもらう、という流れになります。1つの物件を回す事で両者に数百万円の

利益が出るようになります。このように不動産屋というのは持ちつ持たれつというか横の繋がりがとても大事に

なってくる商売です。一般消費者である売主さんとして注意しなければいけないのはその売却価格が本当に

適正であるか、広告等の売却活動がきちんと行われているか、買主は一般の人物かなど様々な点に注意して

取引をしなければなりません。そもそも専任媒介で契約するとその不動産屋がある程度舵を取って取引を進める事に

なりますので個人的には一般媒介での契約がお薦めです。

大事な資産を売却する際には色々な点に注意して取引したいものですね

スポンサーリンク