ユニットバスが嫌われる理由って?

 

今回はユニットバスについて少しだけ書いてみようと思います。

ユニットバスという言葉は聞いた事が多いと思います。ただ一般的な認識としてはトイレとお風呂が一緒に

なっているタイプと考える人が多いようですね。でも実際のユニットバスの本来の意味は工場であらかじめ

浴槽とか壁とか天井とかを成型しておいてそれを部屋に搬入した時に組立てができるものを言います。

短時間で施行する事ができるのでコスト面でも需要がありました。だからユニットバスと一言に言っても

必ずしもお風呂とトイレが一緒になっているものだけでなくお風呂とトイレが別々のユニットバスもあるんですね

(トイレが別でお風呂と洗面台がセットになっている物件もユニットバスになり得ます)

特に1980~1990年の年代に作られた物件についてはこのユニットバスになっている物件が多いです。

この頃に特に流行したんですね。ですからユニットバスになっている物件というのはこの頃が多く

2000年代の築浅の物件や逆にかなり古い物件(1960~1970年代建築など)はユニットバスの物件は

少ないでしょう。

さてこのユニットバスですが割と嫌われる事が多いです。特に女性にとっては水周りを気にする人も多く

敬遠されがちですね。まずユニットバスが嫌われる理由として洗い場が無い事が挙げられるかと思います。

バスタブにお湯を貯めながら体を洗う事が出来ないために体を洗ったりシャワーを浴びた後に浴槽にお湯を

貯めて入浴するというある意味空白の時間が生まれてしまうんですね。冬場なんかは体を冷やしてしまう

人もいるようです。その結果肩こりが悪化したという人もいたようです

スポンサーリンク

また体を洗った後に浴槽にお湯を貯める事も多いですが浴槽内にシャボンが残ってしまったりという事もあります。

またお風呂とトイレがセットになっているものが殆どのために家に客人が来たりするとお風呂に入っている場合は

トイレが使えませんし逆も言えます。基本的にユニットバスは1人暮らし用を想定しているんですね。

またお風呂に入るといくらシャワーカーテンが付いているとは言ってもトイレや便器がびしゃびしゃになります。

そんなトイレで用を足すのも嫌だと言う人もいますしトイレットペーパーが濡れてしまう場合もあります。

また濡れる頻度が多いためにシャワーカーテン自体もカビてしまう事があります。使った後はシャワーカーテンの

水気を取りましょう

また美観を損ねると感じる人も多いでしょう。考えてみれば浴槽内で入浴していても目の前に便器。。

のんきに鼻歌も歌えません。女性の場合、長時間半身浴等をする人もいるんでしょうが目の前が便器で

落ち着いて入浴できるんでしょうか。また浴室自体が狭いのもユニットバスの特徴です。理由は

メーカー規制のユニットバスしか搬入できないからです。またデザインも奇抜やお洒落なものは少なく

メーカーのパターン化されたものが多いと言えるでしょう。まだユニットバスには基本的に窓がありません。

換気が難しい訳ですね。しかも水周りが集中している。そうするとさっきも触れましたがやはりカビが生える

という事になります。。

また女性がユニットバスを嫌うと言っている以上は男性なんかは彼女を部屋に呼びにくいという声も

あるようです。そこまでいくとどうかとも思いますが女性を頻繁に部屋に呼び込む男性はユニットバスは

敬遠しておいた方が良いかもしれません。

市場の売り物件なんかを見ても別にユニットバスだけが原因ではありませんがこの年代の売り物件がなんと多い事。。

でももちろんユニットバスにもメリットはあります。基本的にバストイレ別より面積を取らない分、家賃が

低めになる事も多いですし不人気のために家賃が下落している場合もあります。またユニットのために

水漏れリスクが少ないのもユニットバスのメリットと言えるでしょう。水周りの掃除もし易いですしね。

また最近では浴槽の湯船につかるという風潮も若者を中心に少なくなっているようですから気にしない人は

ユニットバスの物件も選択候補に入るのかもしれませんね。今日はこの辺で

スポンサーリンク