「免許の更新回数で不動産屋の信用度がわかる」は大ウソ?

 

今回は不動産屋の免許証番号と信用度について少しだけ書いてみようと思います。

引越しをする際には不動産屋を利用する事が多くなる訳ですが、自然な流れとしてはポータルサイト等を見て

自分の好きな部屋を探しその物件を扱っている不動産屋に連絡する、、という流れが自然な流れかと思います。

という事は当然その不動産屋へ連絡する事も来店する事も初めてな事が多い訳です。

飲食店やサービス業であれば自分が普段から懇意にしているお店はたくさんあるかもしれませんが

懇意にしている不動産屋があるという人は意外に少ないと思います。

スポンサーリンク

そうなると初めて来店するその不動産屋が「本当に信用できるのか?」という事を確認したい人もいるかと

思いますが、ネットや書籍ではよく「不動産会社の免許証番号でその会社の信用度がわかる」みたいな記事を

見かける事があります。でも本当にそうなのでしょうか。

不動産屋の免許証番号とはよく広告なんかに記載されていると思いますが「○○○免許(2)第○○○○号」と

記載されてあるやつですね。

免許には国土交通大臣免許と都道府県知事免許がありますが簡単に言えば事務所が2か所以上ある

会社→国土交通大臣免許、事務所が1か所の会社→都道府県知事免許 となります。

「第○○○○号」の部分は免許証番号ですね。

さて今回のテーマは更新回数なのですが上記の例で言えば()の部分です。上記で言えば(2)の部分です。

(例として2と書きました) この更新番号は5年ごとに1ずつ増えていきます。新規開業時は(1)、

開業して6年目には(2)、11年後には(3)となる訳です。

ですからこの更新番号が増えれば増えるほど「歴史のある会社」というように感じ取る人が多いようです。

歴史がある=良い会社という訳ではないと思いますが一般の方から見れば開業間もない会社よりは信用度が

増すのでしょう。

でもこの更新番号は実はそのまま受け取って良い訳ではありません。けっこう色んな事情で変更されるからです。

前述したように事務所が1つの会社は都道府県知事免許・2つ以上の会社は国土交通大臣免許になります。

例えばある20年の歴史がある会社(更新回数(5))が業績が良くなって支店を他の県に設ける事になったとします。

そうすると都道府県知事免許から国土交通大臣免許へと変わります。そうすると更新番号は(5)→(1)へと

戻ってしまうんですね。また逆も然りで国土交通大臣免許から都道府県知事免許に変わった場合も(1)に

戻ってしまいます。また以前はM&Aなんて流行りましたが例えばある不動産会社Aが他の会社B(不動産業とは

無縁の会社)に会社を売却したとします。そうすると今まで不動産業とは無縁だったB社が歴史のあるA社の

更新番号を引き継げてしまうんです。だからB社が不動産の事に不慣れだったとしても歴史のある会社と

みなされてしまうんですね。更新番号が信用できると限らないという事はご理解頂けるかと思います。

もっとも不動産業者の過去の処分歴などを確認できるサイトもありますので、その不動産会社の信用度を

確かめるにはどちらかと言えばそっちのほうが信憑性があるかなとも思います。

またもっと身近な事としてはその不動産屋の社員たちの応対・言葉遣い・営業方法・店内の雰囲気・清潔感・

契約書や重説内容・コンプライアンス等もその会社の信用度を確認する上では大事な事だと思います。

不動産という高価な取引をする場ですから信用のできる不動産会社とお付き合いしたいものですね

スポンサーリンク