IT重説が実施されると無店舗不動産屋が増える?

 

今回はIT重説について少しだけ書いてみようと思います。

重説というのは重要事項説明の事ですね。契約時に重要な事項の読み合わせを行う事です。

宅建主任者が主任者証を提示して契約前に重説する事が義務付けられています。場所はどこでも構いません。

喫茶店であってもお客さんの自宅であっても問題はありません

さてそんな重説ですがスカイプやテレビ電話を使用しての重説が検討されていて現在実験段階であります。

要は対面でやりとりしなくて良いという事ですね。

スポンサーリンク

不動産屋としては今まで遠方のお客さん等に対しては正直な事を言えば郵送で契約書と重説を送っていた

会社も多いかと思います。郵送で送るという事は当然重説は対面で行えない訳ですから署名・捺印だけして

返送してというのは宅建業法違反になります。でも実際には地方から部屋探しをしている人にとってはわざわざ

重説のためだけに都心へ来るのは難しいという歯がゆさもありました。また郵送契約をしたとしても

契約を希望しているお客さんとやりとりしている訳で役所に通報される事は少ないですし処罰があったとしても

軽処分になりがちです。また最近では部屋探しもネットやスマホ中心ですからIT重説は当然の流れなのでしょう。

というかむしろ遅いくらいですね

巷ではネット不動産屋を中心にIT重説が始まればいわゆる駅前で開業しているような大手フランチャイズ店や

路面店が減ってきて店舗を持たない不動産屋が増えるという声も聞かれます。たしかに重説を対面で行わなくて

よいのであれば物件もお客さん自身が選択して物件へ出向けば良いし重説や契約書の受け渡しも郵送で

可能です。店舗を構えなくても簡単な事務所があれば不動産屋が成り立ちます。またテナント賃料の削減もできるので

仲介手数料等の減額等で還元できるかもしれません

ですが個人的にはIT重説が実施されたとしてもそれを利用する人は限定的かと思いますし路面店や駅前店舗は

なくならないかと思います。賃貸にしても引っ越しは大きなお金が動くもの。何十万もの大金を一度も

会った事が無い人や足を運んだ事もない会社に振り込みする事は誰でも抵抗があります。また一度も対面をしない

取引にはキャンセル率も多くなるでしょう

それよりも今回のIT重説で本当に見直されるのはその重説の方法ではないかと思います。

今までの不動産屋の重説は正直言えばある程度内容を省略して説明をしていた事も多かったかと思います。

重説自体が10分程度で終わってしまう事も多く大事な要点が全て説明されていたとは思いづらいですし

契約書の内容でも消費者が不利益を被りかねない箇所は説明しなければなりません。今までの対面の重説はそれが

十分に出来ていたかと言うと疑問が残ります。

IT重説が実施されればPCやスマホに重説の様子も動画保存しておく事も出来るようになりますし対面でない分、

今まで以上に慎重に説明しなければトラブルになりかねません。また契約書や重説がお客さんの手元に事前に

送られているというのは大きいと思います。今までの不動産屋での契約は来店したとたんに契約書と重説を

見せられて10~20分説明して終わり、、周りの目も気になったり専門用語がわからなかったり対面で

聞きづらかったりとありましたが契約書や重説が事前に手元にあればネット等で下調べしてから契約に望む事も

できるかと思います。IT重説が重説の質の向上に繋がる事が期待されますね

なんだか風邪気味で途中から何を書いてるのかわからなくなってきましたが今日はこの辺で

スポンサーリンク