外国人である事を理由に入居拒否する事は違法?

 

今回は外国人の入居について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸契約では未だにお部屋を借りづらい人たちがいます。外国人・水商売・無職・生活保護などが一般的

でしょうか

中でも外国人の入居については大家さんによって考え方は様々ですし外国人である事を理由に入居拒否する事は

人権侵害である事を主張する人もいます。

スポンサーリンク

外国人の入居を断る理由としては、家賃支払いが継続できるかの疑問(国外への逃亡も含め)・言葉が理解できるか・

近隣住民とのコミュニケーション・保証人の確保が困難・生活スタンスの違い・原状回復義務が理解できるか・

一度入居を許可すると他の外国人を連れてくる→外国人専門アパートになる可能性もある、等々の事が挙げられています。

外国人入居者としては国籍差別や人種差別の声をあげる人もいてせっかく入居できたとしても自分の希望の部屋を

借りる事が困難であったり通常の物件の2倍相当の敷金の預け入れを要求されるなど差別的な意識を持っている人も

多いかと思います。一方で大家さんとしても前述のような外国人特有のリスクもありますし家主に対する保護が

整備されていない今のような状況下では外国人入居者と賃貸契約の基礎となる信頼関係が築けないという声も

あるかと思います。要するに今までは家主側の「契約自由の原則(誰と契約するかは家主の自由)」と

外国人入居者側の「国籍差別」の声が対立しているような構図になっていたと思います

しかし全体的な流れとしては徐々に外国人入居者を受け入れる体制が濃くなってきているように思います。

現在の国内の空き家率は10%を超え今後増々賃貸市場が縮小していく事は確実です。外国人入居者を受け入れなければ

賃貸市場は増々厳しくなっていくでしょうし空き家も増えていくでしょう不動産屋としても仲介業者は苦戦を

強いられるかと思います。また以前にも京都地裁で外国人入居者を拒否したとして訴訟が行われましたが

国籍理由で入居拒否したという事で外国人に対して110万円の慰謝料の請求が出ています。裁判所の意向としても

少しずつ外国人入居者の受け入れに寛容になっているかのように見えます。

また外国人入居者を拒否する理由として意外に多いのがそのイメージです。外国人=滞納や逃亡・トラブルの

イメージを持った大家さんが多くいます。しかし一概には言えませんが意外に外国人入居者は平穏に滞納を

起こす事なく生活できる人が多いものです。彼らは日本において外国人が部屋を借りる事の難しさを知っています。

退去させられたら次の部屋が見つかるかわからないという意識を常に持っているので、大家さんにとっても

その点は大きな担保になるかと思います。

また外国人入居者が部屋を借り入れる場合、日本人の契約者や連帯保証人の提供を求められる事も多いですが

日本人に知り合いのいない外国人や留学生には保証人の確保が難しい場合もあります。そうなると保証会社利用

という事になりますが現在の保証会社は外国人自体の受け入れが難しかったり連帯保証人の確保を要求してきたりと

まだまだ外国人がスムーズに利用できるシステムになっているとは言い難い部分もあります。

また外国人が部屋を探す際には外国人専門の不動産屋に行ってみるのも一手かと思います。事前に外国人OK

の物件を多めに揃えていたり家主のOKが出ている物件も多かったり専門スタッフがいたりと比較的話もスムーズに

いくかもしれません

今後外国人入居者を含め水商売の方や無職の方などもある程度の条件の下で受け入れをしていかなければ

入居率は下がる一方です。いつまでも外国人受け入れのリスクを考えているよりは入居した後のリスク防止策を

その都度講じて入居率や経営スキルを上げていったほうが賃貸経営としても懸命な感じもします。

事前の整備・対策を敷いておいたほうが良いのかもしれません

スポンサーリンク