物件写真が1枚も掲載されていない広告の理由?

 

今回は不動産屋の物件写真について少しだけ書いてみようと思います。

不動産屋のHPやポータルサイトのページを見るとたくさんの物件写真が掲載されていますね。

中にはプロ顔負け?っていうくらい見事な物件写真が掲載されている場合もあります。

掲載されている写真の数や質も問い合わせ率に直結してくるので各不動産屋も必死です。

さてそんな物件写真ですが中には1枚も掲載されていない物件もあります。

「NO IMAGE」「NO PHOTO」なんて記載で写真がない広告を見た事がありませんか?

広告を見た人からすると物件写真がないのは検討しようがないのでなんでこんな事するんだろう?と疑問に

感じる人もいるかもしれません。物件写真が掲載されていない理由について幾つか挙げてみようと思います。

スポンサーリンク

①写真掲載まで人員が足りていない

これは安易な理由ですが主に不動産屋の物件写真撮影はアルバイトの子たちが行っている事も多いものです。

出たばかりの物件や人員が足りていない物件だと写真撮影まで手が足りずに写真掲載されていないものもあります。

また写真撮影だけでなくその写真をアップするだけでも物件数が多いと結構大変な作業なので時間的に余裕がない

場合もあります。

②新築物件である

新築物件の場合なんかも建築中の場合には撮影できない場合も多いものです。また外観だけは撮影できるけど

室内は施行中でNGの場合もあります。またよくある新築トラブルとして実際の入居日になったら掲載写真と

室内の様子が違うなんて事もあります。これは施行完成した部屋から撮影している場合も多いので

他の部屋と室内状況や設備が異なるケースがあるからなんですね。不動産屋としてもその辺は説明しておかなければ

いけませんが意外にトラブルになりがちです。

③入居中である

人が住んでいる場合も室内を撮影する事は基本的にできません。室内には家具や衣類など生活状況が垣間見えて

しまうので撮影できないです。プライバシーってやつですかね。でも入居人がOK出した場合には撮影

できる場合もあります。

④外観・室内の状況が悪い

よく外観写真だけの広告や室内写真だけの広告があるものも多いです。単純に手入れが行き届いていない為に

室内や外観が汚い場合等もありますし外観だけ・もしくは室内だけをリフォームしているケースも多く

当然良く見える部分を掲載したがる場合もあります。

⑤グーグルストリートビューを使用している

外観写真だけを掲載している不動産屋も中にはあります。理由はグーグルストリートビューを使用している為

現地には写真撮影に行っておらず外観写真だけしか撮っていない為です。この手の不動産屋は手抜き不動産屋か

人員が極端に少ない不動産屋が多く現地を知らない不動産屋として同業者から敬遠される場合もあります。

⑥来店誘導のため

来店誘導のためにあえて物件写真を掲載していない場合もあります。物件写真やある程度の住所がわかれば

不動産屋に来店する事なくそのまま1人で現地へ外観だけを見に行ってしまうお客さんが結構います。

その気持ちは分からなくもないですが不動産屋としては来店してもらってナンボです。物件案内からクロージング

まで一貫する事で契約数に直結するケースも多いので勝手に現地へ行かれてしまっては困るのです。

⑦大家・所有者が嫌がる

大家さんや所有者が嫌がるケースというのもあります。特に売買で売り物件にて競売や任意売却の状況の場合です。

競売や任売もしくは通常の売却にしてもは金銭的に困難な場合も多いので所有者が金銭に困っているという事を

周囲に知られたくないものです。そのため所有者の指示で物件写真を掲載していない場合もあります。

⑧元付がバレるため

元付業者というのは物件を管理している会社や大家さんから契約等を任されている会社です。

元付になれれば例え他の業者(客付)がその物件の契約を決めても元付が半額手数料を受け取れるオイシイ立場にあります。

でもその元付や管理を無理やり横取りしようとする業者も中にはいるものです。元付業者を通さずに勝手に

大家さんや所有者とコンタクトを取り「ウチに管理を任せてくれませんか・ウチと媒介契約をしてください」

という感じで元付の立場を奪おうとします。物件の位置などを確定させないためにも他業者に情報を

あえて漏らさない場合があります。

 

幾つか物件写真が掲載されていない理由をあげてみました。大体業者側の都合で掲載されていない場合も

多いものですが大家さんやお客さんの立場としてはやはり集客のためにも物件写真は掲載して欲しい事が

多いものです。不動産屋のマイソクや広告というのは古いと昔から言われていますが今後はもう少し改良した

広告媒体を期待したい所ですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク