賃貸の部屋の中にカビが。。綺麗にするには?

 

今回は賃貸のカビ対策について書いてみようと思います。

部屋の中にカビ。。嫌なものですね。特に梅雨の季節などはカビが生えやすいもの。

衣類・エアコン・風呂場・キッチン・冷蔵庫・押入れ・カーペットなどカビの繁殖しやすい場所は色々な所にあるものです。

放っておくと肺炎やアレルギー・癌の原因にもなると言われていますので早めの対策が必要です。

カビというと梅雨時期というイメージもありますが実は春からカビ対策が必要になっているのはご存じ

でしょうか?

カビは20~30度くらいの室温で一番繁殖しやすいため、春のポカポカ陽気の頃なんかはカビにとって

絶好の時期なんですね。また部屋が汚れている場合もカビは生えやすいです。カビはホコリや汚れを

好むため綺麗にしている部屋であればカビは生えにくいもの。日頃から綺麗にするように心がけましょう。

また湿度もカビ対策には大切。湿度が70~80度くらいになるとカビが生えやすいと言われています。

日頃から換気扇を回すようにし時々窓を開けて換気するように心がけます。

スポンサーリンク

よく大家さんなんかは春から夏の時期にかけて部屋を空き室にしておく事を嫌がります。

これは人が住んでいないと清掃もままならないし換気もできないからカビができやすいからなんですね。

カビにも幾つか種類があり黒カビ・青カビ・ススカビがあり特に部屋の中に目に付くのが黒カビです。

部屋の場所ごとに個別にカビの対策を書いてみます。

 

押入れ:フローリングシートなどで、押入れの床面から台、壁面、天井のカビを取り去ります。次に塩素系漂白剤

を使用します。(漂白剤は壁等は色落ちする場合もあります) 塩素系漂白剤をキッチンペーパーなどに少量含ませて

押入れのカビ部分に貼りつけておきます。押入れのカビの色が落ちてきたら、濡らした雑巾などでしっかり拭き取り

その後消毒用のアルコールをスプレーしてよく乾燥させます。

カーペット:掃除をしてから消毒用エタノールをスプレーに入れてカビ全体にふりかけます。少し時間を

おいてから乾いた布でふき取ります。そして最後にドライヤーなどで乾燥させましょう。普段から食べこぼし

等をカーペットに落とさないようにしておくのも予防の1つです。

冷蔵庫:冷蔵庫の中全体に、霧吹きなどでエタノールをかけ、ペーパータオルで良く拭き取ります。

月に1度は、庫内をキレイにしましょう。中の物を取り出し、扉を開けて中を乾燥させるのも重要です。

キッチン:軽度のカビなら、カビ取り漂白剤を容器で泡立て、ブラシでカビ部分をこすりましょう。

それでも駄目ならカビ取り漂白剤を直接つけ、20~30分放置してからよくすすぐようにします。すすいだ後に、

クレンザーで磨けばスッキリとカビが落ちます。キッチン・浴室は特にカビが生えやすい場所なので

日頃からの換気も大切です。

風呂場:風呂場の場合も同じく次亜塩素酸ナトリウム」が含まれているカビ取り漂白剤を使うようにします。

カビ取り漂白剤を直接つけ、ブラシでこすり20~30分放置してからよくすすぐようにします。

エアコン:フィルターを2週間に1回程度洗浄して、仕上げに消毒用アルコールを吹きつけると、カビの繁殖を防ぐことができます。

長期で使わない時はエアコン内部の水を蒸発させれば、カビが発生しにくくなります。エアコン内のカビについては

正直業者に洗浄を任せてしまったほうが良い場合も多いです。日頃から換気したりホコリをこまめに取り除くなど

注意をしましょう。

衣類:カビのついた部分をブラッシングし布に消毒用エタノールでふき取りカビ部分をたたきます。最後に

外干しで乾燥させるようにします。

 

以上カビ掃除について簡単に書いてみました。カビ掃除は大変なので日頃からこまめに掃除・換気しておくことが

大切になってきます。これから少しずつ暖かくなってきますのでカビ対策を意識するようにしたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク