エアコンの故障・設置・取り外し料金は貸主負担?借主負担?

 

今回はエアコンの故障や設置・取り外しの負担について書いてみようと思います。

エアコンは夏や冬には必須ですね。特に今みたいに寒い季節には暖房がないと厳しいです。

エアコンが故障した場合は通常であれば貸主(大家さん)の負担です。大家さんは借主さんが

安全・平穏に暮らせるよう配慮する義務がありますからね。修理・修復代金も家賃の中に含まれている

という考えが一般的です。

またエアコンの設置については今の物件は大体エアコンが入居時から設置してあるのが普通です。

設備の中でもエアコンは基本。設置されていない部屋は大家さんが入居者の事を配慮していない・

空き室期間の長い放置物件・もしくは任意で入居者負担で負担してもらう物件でしょう。

また取り外しですが退去時に取り外すという事はあまりないかと思いますがエアコンが残置物扱いの

場合には退去時の原状回復としてエアコンを取り外すように契約書に記されている場合もあります。

一方で大家さんに相談しそのまま付けて置いていっていいよと言われれば取り外さずに退去するケースも

あります。

スポンサーリンク

エアコンの原状回復についてはガイドラインとしても例えば取り外し時のエアコンのビス穴や跡は大家さんが負担して

修復するものとしています。例えエアコンの所有者が借主であっても大家さん負担です。

またエアコンの内部洗浄なども借主の故意による臭い等が付着していなければ大家さんの負担という事になっています。

エアコンが付いていない部屋もありますがもちろんエアコンを設置しなければいけないという義務は

大家さんにはありません。ですからもしその部屋を借りるのであれば借主はその点を承諾して

部屋を借りる必要があります。大家さんに言えば付けてくれる場合もありますが元々エアコンが付いていない

部屋は大抵は現況有姿で借りてくださいという事なので断られる事も多いかと思います。

また残置物扱いのエアコンの場合、退去時に取り外しをしないといけない場合は借主さんの負担になります。

先述しましたがビス穴等の原状回復義務までは借主さんにはありません。

設備扱いのエアコンの場合は大家さんの所有物なので退去時も取り外しはしないでしょう。

また入居中の設備扱いのエアコンの修理代については大家さんの負担になります。しかし残置物扱いのエアコンの

修理代金は契約書の特約等で借主負担となっている事が多いかと思います。その際は借主負担になるでしょう。

また中には賃貸借契約書には残置物の借主負担の特約の記載は無いが重要事項説明書には借主負担である旨の

記載がされているというケースもあります。見解が分かれる場合もありますが重説に記載され借主の署名・捺印が

なされている以上、特約は有効とされ修理代金は借主負担とされる意見が濃厚かと思われます。

また中には残置物は以前の借主さんが放置していった事を大家さんが承諾した時点で残置物の所有権が大家さんに

移転しているので残置物エアコンの修理代金は大家さん負担だと主張する借主さんもいますが、現契約で借主負担の

特約が付されており借主が承諾している場合にはやはり借主負担とする事が一般的かと思います。

エアコンの修理代金は部品交換・点検費用であれば大体5000~10000円程度でしょう。

メーカーに規格の部品がなかったり重度の故障の場合は新品価格と同じくらい金額が上がる場合もありますので

新品を購入してしまったほうが良い場合もあります。

大家さん側の立場からすると部屋を賃貸に出す時に不動産屋から「エアコンを設備扱いにするか残置物扱いに

するか」という事を問われる事もあるかと思います。個人的にはエアコンは設備扱いにしたほうが良いかと

思います。借主さんが退去するときには「エアコンは荷物になるので置いていきたい」と言ってくる事も多く

それを断る事も気が引けるかと思いますし次回の借主さんにエアコンの新たな購入・設置代金もかかります。

またその設置工事の際に室外機を適当でない位置に設置されて美観を損ねたり、ドレーン管を下手に引いてきたり

というトラブルも考えられます。また次回の借主が入居してエアコンが故障した時には残置物エアコンだと

「自分が設置した訳でもないのになぜ修理代金を負担しなければならないのか」というクレームが発生する可能性も

あります。あえて残置物扱いにして契約時に借主負担の特約を結びクレーム封じをする大家さんもいるかと

思いますが現在の賃貸市場の状況を鑑みればなるべく無用な苦情の発生は避けたほうが賢明のようにも思います。

エアコンの設置・修理・取り外し時の料金について簡単に書いてみました。賃貸においてエアコントラブルは

意外に多いものです。特に今のように寒い時期や夏はエアコントラブルも多いもの。設備にしろ残置物にしろ

家電は使い方を守って正しく使うようにしたいですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク