海外赴任が決まった時、家の貸し出しや引っ越しの問題点は?

 

今回は海外赴任について書いてみようと思います。

夫が急な海外赴任を言い渡され海外へ、、しかも来月からって、、こんな状況になった時、

皆さんはどうしますか?海外赴任なんてあまり経験がないしどのようなトラブルが起こるかも

予想が付きません。今回は海外赴任にまつわるトラブルと解決方法を挙げてみました。

スポンサーリンク

①海外赴任中、自宅を貸し出すか空き家にするか

まず海外赴任が決まった時点でどうするか迷ってしまうのがこの問題かと思います。

もともと賃貸であれば事前に解約しておけば問題ないですが持家であればそうはいきません。

海外へ赴任するとなれば家は誰も使用しなくなりますしその間も固定資産税や火災保険など税金や保険料は

発生しています。またその海外居住する期間によっても賃貸に回してよいか悩む所でしょう。

まず家は誰も住んでいないと確実に痛みます。使用しなければ家は傷まないというのはむしろ逆で

換気がなされていない事や空気の循環が無い事・トイレやキッチンなど配管も使用しなければ痛みは早くなります。

カビが生える可能性もありますしホコリもたまり庭も雑草が生えてくる事もあるでしょう。

また防犯面でも人に貸しだした方が安全という見方もあります。

賃貸管理については主には管理業者に依頼する事が多いかと思います。知り合いや家族がいれば短期間であれば

簡単な管理をお願いしても良いかもしれません。管理委託料は毎月大体家賃の5~10%くらいが一般的です。

また赴任期間によっては普通賃貸借契約ではなく定期借家契約にしておくのも良いかと思います。

通常であれば普通賃貸借の場合、借主が契約更新を続ける限り、簡単な事では解約できません。

家賃は普通借家より若干低めになる事が多いですが定期貸しならやはり定期借家を中心に検討したほうが

良いかと思います。赴任期間がきっちり決まっているのであれば普通借家も検討したい所ですね。

海外赴任者専用の管理会社もありますので相談してみても良いでしょう。

また家を汚されるのでは?と心配な方は管理委託契約時に入居条件を付してもらいましょう。子供やペット・

喫煙者不可などの特約条件を管理会社も相談に乗ってくれるはずです。

帰国した際に自分の家が無いなんて事がないようにしたいですね。

②郵便物はどうする?

郵便物は転送届を出しておきましょう。実家や兄弟の家など郵便物を転送しても良い場所を確保しておいた

ほうが良いですね。転送手続きは1年毎に更新手続きが必要だったかと思いますが現在ではネット上でも

更新ができるのでさほど困る事はないでしょう。

③電気・ガス・水道はどうする?

電気ガス水道は空き家のままにするのであれば一度解約してしまうのも一手かと思います。基本料金が

かかってしまいますし万一の不慮の事故がないとも限りません。帰国した時の開栓作業はガスは立ち合いが

必要になりますが電気水道は比較的簡単に開栓できるかと思います。借主が家を使用する場合には管理会社の

誘導のもと、借主名義に名義を変更する事になります。

④電話番号はどうする?

今はネット回線が主流かと思いますが一度固定電話を中断すると回線業者の規約によっては数か月で

番号事態が消滅してしまう場合もあります。自分が契約する回線業者に規約や料金を相談してみましょう。

スポンサーリンク

⑤家具はどうする?

自宅には家具がたくさんあるでしょうからその管理・処分にも困りますね。海外へわざわざ送るとなると

輸送費が多額にかかりますし処分してしまうのは勿体ないというもの。赴任者の勤める会社負担で

輸送費・引っ越し代を出してもらえるのであればあまり問題にならないケースもありますが荷物量に

制限が付く場合もあるかと思います。また持ち運んだとしても赴任先の部屋のサイズ感と合わないケースも

あるでしょう。

一番ベストなのはそのまま家具を置いていき、家具付きレンタルにする事かと思います。借主が家具を

使ってくれれば処分しなくて済みますし湿気等で家具が傷む心配も少ないでしょう。設備品としての

取り扱いになるかと思いますので帰国後に多少の劣化は否めないかもしれませんが家具を移動する

輸送料金や手間暇を考えれば家具付きレンタルにしたほうが得策かと思われます。

どうしても処分したいという場合にはリサイクル業者かネットオークション等でさばいてしまうのも一手です。

また処分もしたくないという場合は近隣のレンタル倉庫に一時保管しておく事も一考です。

⑥住宅ローンが残っているけど賃貸に出せる?

持ち家であれば通常は30~35年の住宅ローンを組んでいる事が一般的かと思います。

また海外赴任が決まった時点でもローンを支払い途中である場合も多いでしょう。

あくまで住宅ローンはマイホームを購入する目的で組むローンなので原則としては賃貸に出す事は

できません。しかし転勤や転職・介護などやむ負えない事情により賃貸に出す場合には認められる

ケースが多いものです。また貸し出すにしても家賃の振込先口座が住宅ローンを組んだ金融機関の場合

賃貸に出している事がバレるのでは?と不安になる人もいるでしょう。

対応としてはやはり住宅ローンを組んだ金融機関に相談という事になります。

また主な特徴としてはまず住宅金融公庫に関しては3年以内の期間で賃貸に出す場合には

「融資住宅留守管理承認申請書」を公庫に提出し物件管理ができる人を代わりに立てる事で事前に承認を

得る事になります。規約違反を犯すと一括返済や違約金の支払いなどが課せられる可能性もありますので

事前に相談しましょう。

また民間金融機関の場合には同じくやむ負えない事情がある場合には賃貸に出す事が出来ます。

あくまで原則としてはマイホームローンから賃貸住宅向けローンへの切り替えが必要になりますが公庫ほど

縛りはきつくない印象はあります。民間金融機関の場合でも事前に相談をしておく事をお薦めします。

⑦給与の送金はどうする?

例えば旦那さんだけが海外へ赴任して奥さんが国内に残る場合もありますね。

あくまで旦那さんの給料振り込み形態にもよります。会社から現地の口座と日本の口座に両方送金できるのであれば

問題はありませんが、そうでない場合は事前に日本の銀行でオンラインバンキングの登録と、外貨送金を可能に

しておいた方が良いでしょう。

⑧税金関係の支払いはどうする?

市民税や固定資産税など国内で支払う税金がある場合、入金に困りますね。

国内の家族が代わりに支払いに行ってくれれば一番良いですができないという人もいるでしょう。

大手の銀行であれば税金の支払い代行を行っている所もあります。毎月の収支明細なども送ってくれる

場合もありますので相談してみましょう。もしくは税務署に届出をして「税金の支払い代行人」を指定

することも出来るかと思います。代行人の元へ請求書が届くようになりますので代わりに支払ってもらう

事も可能です。

 

以上簡単に海外赴任が決まった時の対応について書いてみました。突然の踏んで慌てないように事前に

しっかり準備をしておきたいものですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク