引越し業者の費用と見積もりはどのように決まる?

 

今回は引っ越し業者について書いてみようと思います。

引越し業者は不動産屋とも関係の深い業種です。物件が決まれば引っ越しをする際に業者に頼む

事が一般的でしょう。軽トラを借りて自分で引っ越ししちゃう人もいますが荷物が大量の時やピアノや

大型家具がある時などはやはり業者に依頼する事が多いかと思います。また不動産屋としても

借主さんに提携引っ越し業者を紹介する事もあり関係の深いお仕事です。

さてそんな引っ越し業者ですが同じ荷物量・距離であっても業者によって料金や見積もりはバラバラです。

またその見積もりでさえ訪問見積もりと電話・ネットでの見積もりがあったりもします。

いったいどのように引っ越し料金は決まるのでしょうか。今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

料金が決まる三大要素

①荷物の量(業者が用意するトラックの大きさ)

やはり荷物の量は料金が決まる一番大きな要素になります。軽トラや1トン~4トントラックが

一般的でしょうか。目安としては軽トラ→1畳半くらいに収まる荷物量、1トン~2トン→3畳くらいに

収まる荷物量、3トン→4畳半くらいに収まる荷物量、4トン→それ以上の荷物量くらいになります。

②作業スタッフの数

作業スタッフの数も料金が決まる大きな要素です。業者によってはこちらから人数の希望を出す事も

可能なケースもありますし業者が勝手に決めてしまう場合もあります。当然人数が少ないほうが料金は

安いのですが、例えば4トントラックに2人のスタッフだけで来たとしたらかなりの時間を要します。

あくまで荷物量とスタッフ人数はバランスよく配置したいものです。

③移動距離

移動距離も料金を決める要素として3番目に大きなポイントです。当然遠ければ遠い程料金は

高くなります。引っ越し業者には「時間制」にしている業者と「距離制」にしている業者が

あります。時間制は4時間or8時間という基礎時間があり、軽貨物運送業者には2時間or8時間という

基礎時間が設定されています。1時間を超過するごとに追加料金が加算される仕組みになっており

またその時間の計り方も荷物を積んで引っ越し先に降ろしたら終わりではなくその業者トラックが

帰社した時までとしている引っ越し業者が多い物です。距離制の場合は100Km、軽貨物運送業者の

場合には30Kmという基礎距離があります。輸送距離が基礎距離を超えるとその分の追加料金が加算

される仕組みになっています。

その他の料金決定要素

①引越し時間帯は午前か午後か

引越し業者はトラック1台1台に売り上げ目標を掲げている事が多くまたその目標を達成するために

どのトラックがどの地域を回るか等日ごとにスケジュールを組んでいきます。午前中は達成のために

忙しく動き回る事が多いため、午後からの引っ越しに回した方が料金が割安になるケースがあります。

②積地・引っ越し先に駐車場があるかどうか

路上駐車してしまう引っ越し業者が多いものですが、どうしても路上に停められない場合などは

コインパーキングを利用する事になりその分は客の割増負担になってしまう場合があります。また高速道路

など有料道路を利用しなければならない時はその分も割増しになる可能性があります。

③マンション・アパートにエレベーターがあるかどうか

エレベーターの有無も料金に差が付く事があります。人件費や作業コスト・引っ越し時間の圧縮に

繋がる為、エレベーターが設置されていない建物は料金が高くなる可能性があります。

④トラックを別に手配する必要があるかどうか

特に中小の引っ越し業者に見られがちですが繁忙期や希望時間帯が他客で埋まっている場合・逆に

他にお客さんがいなくて自分1件だけの引っ越しの場合は他からトラックを手配しなければならない

場合があります。その手配マージンの分だけ引っ越し料金が上乗せされるケースもあります。

⑤オプション費用があるかどうか

例えば高価な家具の搬送やピアノなど窓からしか搬出できないものがある時は吊り下げ作業が必要になり

オプション料金を別に課金される事があります。玄関を出られるか・エレベーター内に運べるか・通路の広さ

などを考慮して事前に無事搬出が出来るかどうか確認しておく事も大切です。

 

以上引っ越し業者の料金について書いてみました。実際には引っ越し業者には様々な課金システムが

あり業者ごとに異なる場合も多いものです。事前にしっかりと相見積もりを取り、自分にとってベストな

引越しをしたいですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク