書類作成料・事務手数料って本当に必要?

 

今回は賃貸契約の書類作成料・事務手数料について書いてみようと思います。

賃貸契約においては色々な費用がかかってきますね。敷金・礼金・仲介手数料・共益費・保証会社利用料

等など、多額のお金がかかる事が多いものです。引っ越しなんて普通は頻繁にするものではないので

どれくらいの費用が相場なのか判断が付きにくい事もあるかと思います。

賃貸契約で不動産屋が受け取って良い報酬は仲介手数料として家賃の1か月分(消費税)になります。

その家賃1か月分の仲介手数料も貸主と借主が折半で0.5か月分ずつ支払う事がルールです。

ただ借主が承諾する事により1か月分まるまる借主が支払う事もOKになっています。実際には借主さんが

この点をきちんと契約時に理解しているのか疑問に残る所もありますが。。大手を中心に少しずつ指導が

入っているので改善されていくと良いですね。

スポンサーリンク

不動産屋によっては他にも書類作成料や事務手数料という費用が発生する事があります。

数百円くらいの金額ならまだしも書類作成費が○千円とか○万円とか、事務手数料が○万円とか高額な費用がかかる

不動産屋も中にはあります。書類作成が○万円って。。すごいですね。

繰り返しになりますが不動産屋の報酬は仲介手数料の家賃1か月分までが基本です。書類作成費や事務手数料などの

名目で費用を徴収してはいけません。この費用を請求されている場合には交渉をしてみたほうが良いかと

思います。またよくトラブルになるのは1つの物件に2つの不動産屋が仲介として絡んでいる場合ですね。

Aが管理会社でBが仲介の場合などが該当するでしょう。Aの管理会社は大家から委託を受けているので

基本的には物件を埋める事が仕事です。毎月大家さんから委託料も入りますし場合によっては害虫駆除費や

鍵交換手数料等を請求されるケースもあるかと思いますがこのあたりも大家さんが負担する事が普通です。

請求されている場合には交渉してみても良いかと思います。

またBの仲介不動産屋に入る報酬はお客さんからの仲介手数料です。地方はもちろん都心でもほぼ100%丸々

仲介不動産屋が受け取っていると考えても良いでしょう。その他にも不動産屋は広告料の名目で大家さんから

家賃1~2か月分くらいの報酬を受け取れる場合もありますし受け取れない場合もあります。広告料は物件次第で

簡単に言えばすぐに埋まる物件は広告料が不動産屋に支払われない物件が多いですし、埋まらない物件であれば

広告料を管理会社(大家さん)が仲介不動産屋に支払ってでもすぐに埋めたいという事ですね。

広告料を仲介不動産屋に支払うかどうかは管理会社が裁量を握っているケースが多いでしょう。

広告料が支払われない物件ですと仲介不動産屋が受け取る報酬は仲介手数料のみになってしまいますから

仲介不動産屋としては別項目で費用を徴収しようと考える悪質な不動産屋も中には存在します。それが書類作成料や

事務手数料ですね。書類作成料の金額によっては条件を呑むほうが進捗が上手くいくケースもあり個人の判断にも

よりますが違反である事に変わりはありません。仲介と管理の2社が関係していても仲介手数料以外の

報酬は受け取ってはいけない事になっています。あくまで1つの賃貸契約の仲介ですからね。

例外としては提示されている仲介手数料が元々1か月分に満たない場合や不動産屋が仲介に入らず大家さんと

直接取引する場合にはこの限りではない場合もあります。

書類作成費や事務手数料は仲介手数料に含まれるという考え方が基本です。納得できない場合はケースに応じて

交渉してみても良いかもしれませんね。それでは今日はこの辺で

スポンサーリンク