契約時に部屋のリフォーム代を請求された?

ペンキの写真

今回は契約時のリフォーム費用負担について書いてみようと思います。

部屋の退去時に大家さんから高額なリフォーム費用や高額な原状回復費用を請求される

ケースというのはよく聞くお話です。

今ではガイドラインや東京ルールという指標があるので、借主さんも昔よりはある程度は

交渉がしやすくなったかと思います。

ですが中には入居時(”契約時”)にリフォーム代を請求されたというケースもあるようです。

入居時にリフォーム代を請求された?

タイトルにもあるように、退去時ではなく入居時にリフォーム費用を請求されたというケースもあります。

壁紙クロスを張り替えた・フローリングを張り替えた・部屋仕切りを付けた・和室を洋室に変更した等、入居前に勝手にリフォームを施したというケースです。

借主さんとしてはこれから入居するというのに、まだ使用していない部屋のリフォーム費用を自分が負担する事には納得がいかないと考える人もいるかと思います。こちらがお願いしたリフォームでもない訳ですから当然ですね。

一方で大家さんとしては入居者のために事前にピカピカに綺麗にリフォームしてあげた、と考える人も中にはいるのかもしれません。

このような場合、借主さんはリフォーム代を支払う必要があるのでしょうか。

 

ご想像も付くかと思いますが通常このように借主さんに無断で大家さんがリフォームを施し、その費用を請求された場合、借主さんはその費用を支払う必要はありません。
リフォーム自体、入居前に借主さんが依頼した事でもなく、大家さんが独断で行った事です。

また大家さんは家賃を受け取る対価として、借主さんが快適にその物件に過ごせるように手配する義務があります。
借主さんが最低限快適な暮らしができる住居を手配する義務がありますが、リフォームまでするかしないかはあくまで大家さん側の判断であり、借主さんが負担する範疇ではありません。

また以前の借主さんがその部屋を退去する際にも、大家さんは状況に応じて原状回復費用を受けています。
以前の借主が退去した際に、当然に既に原状回復を施している筈です。

 

また部屋の提供のみならず大家さんは修繕義務等も負っています。例えば部屋の設備などが故障したり汚れたりした時なども軽微なものや借主さんの故意・過失によるもの等を除き、大家さんは修繕する義務があります。
そのような費用も家賃の中に含まれているという事ですね。

 

もし入居時に無断でリフォーム費用を請求された場合には、管理会社を通して交渉するようにしましょう。
またそのような大家さんは入居後も強引・悪質な請求をしてくる可能性も考えられます。
契約前であればキャンセルしてしまう事も検討してみても良いかもしれませんね。

不動産契約はなかなか契約当事者の負担割合が曖昧なケースも多いものですが、契約前にどちらが負担するべき費用なのか、はっきりと明確にした上で契約に臨みたいものです。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク