友人に部屋を貸していたら契約解除される?

 

今回は部屋の転貸(又貸し)について書いてみようと思います。

当然ではありますが賃貸の部屋に住む入居人は契約書上に記載されている借主本人である事が基本です。

契約時にどのような借主さんが住むか事前に取り決めてあるから当たり前の事ですね。

ですから契約上の借主さん以外の人が住んでいるという事は契約違反にあたります。

スポンサーリンク

しかし実際には契約書上の名義と違う人が住んでいる事が意外に多いものです。例えば借主さんの彼氏・彼女や

友人が住んでいる場合もありますし、全くの他人に転貸目的で部屋を貸しているケースもあります。

また貸しているとまではいかなくとも一時的に友人などを数日間宿泊させているという場合もあるでしょう。

一時的な宿泊等は問題ないケースも多いですが、いずれにしても借主さん以外の人が入居する事はNG行為です。

ただし契約違反だからと言って即刻退去させられるかと言えばそれはなかなか難しい所です。

貸主さんの承諾があった場合にはもちろん解除できないですし、承諾がなかったとしても貸主さんと

借主さんの間の信頼関係が崩壊したとみなされるほどの事情がなければ契約解除できないからですね。

どの程度でお互いの信頼関係が崩壊したとみなされるかは難しい所ではありますが

大家さんが被る不利益の度合いや転借人の人間関係・部屋の利用状況や今までの経緯など様々な事を

勘案して判断されます。ただご存じの通り借主さんは借地借家法等の法律で手厚い保護下にありますので

例えば大家さんが部屋の又貸しを注意したとしてそれにきちんと応じているようであれば契約解除までに

至る可能性は少ないでしょう。また転貸と認められるためには転貸人(元々の借主)から独立してその部屋を

使用収益できる権限を与えられている事が必要です。元々の借主から関係がない状態の人が住んでいる等ですね。

そのため例えば奥さんや子供が部屋を使用していても転貸と認められる事は難しいでしょう。

また大家さんが無断転貸の事実を知りながら家賃等を請求していれば転貸を承諾したとされる可能性すらあります。

しかし実際の所では大家さんからしたら借主さん以外の人が住んでいるとなると心配です。

借主以外の人が居住しているとなると隣人とトラブルになった場合に困りますし部屋の汚損度合いや

設備の消耗度合いも変わってきます。共有スペースの利用人数も変わってきますし一度転貸を許すと

他の部屋の入居者からも同様の転貸申し入れが入る可能性も少なからずあります。もしどうしても

部屋を人に貸す事に特別な事情がある場合には一度大家さんや管理会社に相談してみましょう。

無断で同居や又貸しをする事は後々のトラブルになりますからね。感情のこじれから大きなトラブルに

発展しないよう、普段から話し合いを心掛けたいものですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク