駐車場付き物件なのに駐車場が借りられない?

 

今回は駐車場付物件について書いてみようと思います。

マンションやアパートを借りる際に建物の敷地内に駐車場があると助かりますね。

別の月極駐車場などを借りる事も出来ますが距離が遠かったり雨が降ると億劫ですし敷地内駐車場で

あれば車がそばにある安心感や利用料金も別に借りるより安かったりと色々とメリットは

あるかと思います。

スポンサーリンク

しかし中には駐車場付きの物件なのに駐車場を借りられないというトラブルが発生する

事があります。申込み時には駐車場が空いていたのに入居時に埋まってしまった場合や単純に仲介業者の

管理ミスで駐車場が埋まっていたりする場合、もしくは分譲マンション等では部屋の分譲所有者には

駐車場を貸すが賃貸入居者には貸さないなんてケースもあったりします。また中には駐車場空き有り

物件という触れ込みで募集をしておいて実際には駐車場の空きはあるものの、貸し出し自体はしていない

なんていう作為的な募集方法もあったと聞きます。駐車場付物件で募集をかけるとどうしても駐車場無し

の物件よりは集客がしやすい為、このような悪質な募集をかける業者も中にはいるのかもしれません。

このような駐車場トラブルはよく起こり得ますが、実際に具体的な対策法があるかと言えばなかなか

見当たらないのが実際の所です。トラブルの見極めとして根本となるのが賃貸借契約書や重要事項説明書

になりますがこれらの書面に駐車場契約の記載がない場合には他に証明書類が用意できなければ

泣き寝入りとなってしまう可能性が高いと言えるでしょう。契約書に記載がきちんとされている場合で

あっても敷地内駐車場が満車であれば駐車場所を確保する事が難しい場合もあり、その場合には他の代替駐車場を

用意してもらうか契約自体をキャンセル扱いにしてもらうよう申し出る結果になってしまう事が多いかと思います。

もしくは敷地内駐車場に空きが出たら優先的に自分が駐車させてもらえるよう予約をしておいたり

駐車場内に知り合いがいればその場を貸してもらえるよう管理組合に口を聞いてもらう等の方法もありますが

確実に駐車場を確保できるという確信は持てないでしょう。また勘違いをされている方も多いですが

建物の賃貸契約と駐車場の契約とは別モノです。部屋を借りられたからと言って必ずしもセットで駐車場を

借りられたという思い違いをしないようにしましょう。また業者が駐車場を借りられるとは言っても

最終的に証明となるのは契約書面の類です。契約書や重説に駐車場の記載がきちんと記されて

いるかどうかをよく確認してから契約締結したいものですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク