ベランダ(バルコニー)に物置は置いちゃダメって?

 

今回はベランダ(バルコニー)の物置について書いてみようと思います。

物置の置き場所って困りますね。戸建てのように自分の庭があるのなら置き場所にも困りませんが

マンションやアパートには専用庭がある事は少ないのでどこに置いたら良いのか困ってしまう事も

あるかと思います。ちなみにベランダとバルコニーの違いは大雑把にいえば外に張り出していて

屋根のあるものがベランダ・屋根のないものがバルコニーと言った所かと思います。

スポンサーリンク

ベランダやバルコニーは入居者からすれば洗濯物を干したり景色を眺めたりとある程度自由に使用させて

欲しいと考える人も多いかと思います。一方で管理組合からすれば外からの美観を損ねたり避難経路を

妨げる恐れがあるために物置や荷物は置いてほしくないと考えている所も多いでしょう。

ご存じの方も多いかと思いますがベランダやバルコニーは部屋の中とは違い、階段や廊下と同じく

共用部分になります。建物に住んでいる皆が使用する部分ですね。そのため共用部分であるベランダや

バルコニーには荷物や物置を置いてはいけないという考え方が一般的かと思います。

しかし中にはベランダやバルコニーは共用部分ではあるものの、その部屋の入居者には専用使用権が

認められているので荷物を置くのも物置を置くのも自由だ、と考える人もいるのかもしれません。

たしかにベランダやバルコニーは専用使用権が認められており入居者が自由に使用する事ができる

空間とされています。ただし少しややこしいようですがベランダやバルコニーは部屋の中のような

専有部分とは違い実際には「専用使用権が認められた共用部分」となっている事が多く管理組合側が

管理している事が通常です。また標準管理規約でも専用使用権は「通常の用法に従って使用すべきこと」

と解されています。どこまでが通常の用法に従っているか区分するのは難しい所ではありますが

通常、ベランダやバルコニーに物置や荷物を置く事は美観を損ねたり避難経路を妨げる・建物の老朽化を招く

可能性がある・管理や修繕時の妨げになる等の理由から、この通常の用法の範囲を超えていると

説明される事が一般的かと思います。実際に過去の判例等を見ても管理組合側が居住者に物置の撤去を

求めた裁判において管理組合側の訴えが認められ物置の撤去命令が出ています。微妙なラインではありますが

管理規約や使用細則等に物置や荷物を置く事の禁止事項があればやはりベランダやバルコニーに

置く事はやめておいた方が良いでしょう。それよりも自分の不要な荷物を減らす事や収納ボックス等

を利用して部屋内に上手く納める事等を考えた方が賢明です。ルールを守って快適な生活をしていきたい

ものですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク