借りた部屋は空き巣被害が多い部屋だった?

 

今回は空き巣被害の部屋について書いてみようと思います。

空き巣被害に会った事がある人は中にはいるかと思います。特に単身者の部屋等は空き巣泥棒からすれば

格好の狙い目です。その人が外出してしまえば部屋はもぬけの殻。また余程のセキュリティ性の高い

鍵でなければプロの泥棒であれば5分もあれば開錠できます。オートロックでも居住者と一緒に侵入する

事も出来ますし宅急便屋などを装って侵入する事も出来ます。

スポンサーリンク

空き巣被害にあう部屋・あいやすい建物というのは共通点があります。視覚が多い建物・角地・周囲が

暗い・庭の雑草が伸びている・高い塀や木で周囲を囲まれている・人通りが少ない等の特徴が挙げられる

でしょう。また最近では振込み詐欺や詐欺集団のカラ部屋として利用されていたり郵便受けを無断で利用

されているケースもあり自分の使用している部屋が本当に安全なのかはなかなか見当が付きません。

特に今後は空き部屋が増えていくので更に増加するかもしれませんね。

さてそんな空き巣被害があった部屋というのは大家さんはその事実を知っている事も多いです。

所有者として警察から事情聴取を受ける事もありますしセキュリティの相談を受けた経験がある大家さんも

いるでしょう。また過去にそのような事実があった事を借主さんが契約時に知っていたら、恐らく

その部屋を借りていなかったのではないでしょうか。また管理会社であれば大家さんから空き巣被害が

あった事を告げられている事もあるかと思います。その場合には不動産業者は借主に契約時に

過去に空き巣被害があった事を告げなければなりません。宅地建物取引業法では契約判断に影響を

及ぼす重要な事実を告知する義務が業者側にあります。賠償額は引っ越し費用の請求等が考えられるでしょう。

ただし大家さんからその事実を不動産業者が告げられていなかった場合には責任追及は難しいでしょう。

また空き巣が入ったからと言って大家さんに責任追及する事は基本的にできませんが、大家さんの管理上の

過失により空き巣が入った場合には賠償請求できる場合があります。例えばドアの鍵が壊れているのに

修理してくれない・窓の鍵が閉まらないのに交換してくれない等のケースが該当するでしょうか。

ですが実際にはそれを立証する事自体も困難なケースが多く泣き寝入りしてしまう場合が少なくありません。

当たり前の事ですが一番の防犯対策は家の中に金品を置かない事です。不要なお金・装飾品など

必要以上に不必要な物や普段頻繁に使わない物などは部屋の中に置いておかないようにしたいですね。

これから窓を開けておく機会も増える時期かと思いますので空き巣被害には十分注意したい所です。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク