契約書類に戸籍謄本が必要?

 

今回は賃貸の契約書類について書いてみようと思います。

賃貸契約に必要な書類は色々なものがありますね。収入証明書や印鑑証明書・本人確認書類や

在籍証明書など用意するだけでも大変なことが多いものです。

よく印鑑証明書などは「なぜ賃貸契約に印鑑証明書が必要なの?」と感じる方も多いかと思いますが

印鑑証明書については他記事でも書いていますのでご参考ください。

またその他の書類としては中には戸籍謄本が必要になるケースというのもたまにあります。

今では戸籍謄本を必要書類にしている所は少なくなりましたが現在でも実際にあります。

まず戸籍謄本が提出書類として必要かどうかと言われれば必要ありません。

他書類は入居審査に必要な書類として認められる事は多いですが戸籍謄本に関しては人権侵害に

あたる恐れがあるとして不適切とされる事が多いでしょう。本籍地をもとに身元の調査がなされ

戸籍住所が旧部落であったり新平民の記載がある等の場合、差別的な扱いを受ける可能性がないとも

限りません。もし同和地区等の部落出身者である事を知り、その事実を元に差別的な扱いを受けたと

したら人権侵害行為にあたります。若い方は同和地区問題などはご存じない方もいるかもしれませんが

江戸時代の頃など昔は士農工商などの階級がありました。しかし一部その中にも入らなかった下級

の人たちがおりその人たちの事を指す事が多く、今でも一部の人達が差別的な扱いを受けているケースが

あります。不動産取引だけではなく結婚や就職など同和地区問題は現代でも人権侵害を受けている人達が

います。しかし当然ながら自分で生まれる所を選択する事は出来ませんし現代において過去の階級等で

差別を受ける事はどうかと思います。また大家さんが戸籍謄本の書類提出を求めているとしたら

提出を拒否する事も考えられますしなぜ提出が必要なのか確認してみるのも良いでしょう。

大家さんの考え方や管理会社の意向によっても提出書類が変わってくる事はよくあり得る事です。

なぜその書類の提出が必要なのか、疑問をクリアにしてから契約締結に臨みたい所ですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク