神経質な隣人がいて迷惑してるって?

 

今回は隣人問題について書いてみようと思います。生活をしている以上、隣人問題は

避けては通れない問題ですね。特にアパートやマンションなど集合住宅に住んでいる人に

とっては壁1枚で繋がっている隣人との付き合いや生活マナーというのは大切になってきます。

また建物に1人は神経質なくらい苦情を言ってくる人や迷惑行為を繰り返す人がいるものです。

そういった人は大抵は何を言われても気にしない人が多いのも特徴でしょう。そのような神経質な

人が隣人の場合には「歩く音がうるさい」「子供の泣き声がうるさい」「テレビのボリュームを下げろ」

など色々なクレームを付けられる事があります。またひどい場合には少しでも生活音がすると

壁ドン・床ドンしてくる人もいます。または天井の上階や床下の下階から棒でズンズン叩くケース

もあるようですね。またそのような神経質な人が隣人の場合にはこちらも神経が過敏になってしまい

部屋の中にいても緊張感から解き放たれない硬直状態が続くようになります。

体の健康にとっても良い事ではありません。

スポンサーリンク

このような神経質な人に注意をする手段としては

①自分で直接言う②管理会社を通して注意してもらう③管理組合を通して所有者や理事長に注意

してもらう、くらいの事しか出来ません。直接言ってもトラブルがこじれるとマズイですしクレームが

更に激しくなる可能性もあります。管理会社を通して注意してもらっても最初は周辺に注意喚起の張り紙を

貼ったりしますし、ひどい時は入居者に直接注意する事もありますが神経質者も一応入居者である手前、

なかなか積極的な指導はできない場合もあります。管理組合に相談する手もありますが組合でさえ

神経質者を追い出せるような権利は持ち合わせていません。残念ながらどんなに神経質なクレーマーでも

借主である権利は持ち合わせており簡単に退去させる事はできないのが現状です。まして集合住宅等のように

生活音が日常的に起こる場所ではどちらが悪いのか責任割合を正確に決める事も難しいものです。

自分が悪くないのに費用を負担するのは納得できない気持ちもわかりますが今後の長い生活を考えれば

引っ越しを検討するのも一手かと思います。住居が不安定な場合、部屋内の日常生活だけではなく

睡眠障害や仕事への支障をきたす恐れもあります。割り切って新しい地で再スタートを切るのも一案

かと思います。

ただし今一度考えてみたいのはこのような騒音トラブルが起こるケースは大まかに分ければ幾つかの

ケースに分かれるという事です。

1つ目は実際に隣人が神経質者で本当に迷惑行為をされている場合・2つ目は特に木造アパートなど、

壁間のボード等が元々かなり薄くちょっとした物音や振動でも隣室に伝わってしまう建物構造の場合

(隣人に悪意はない)・3つ目は1度隣人を疑ってしまったら自分の中で隣人の人物像や悪人イメージが

固まってしまい、ただの物音でも隣人がわざと物音を立てていると誤解してしまう場合、などに分かれます。

このようなトラブル下の精神状況では冷静な判断は難しく隣人が犯人と一度決め付けてしまうと

そのイメージから抜け出すのは意外に難しいものです。一度直接隣人と話してみたら意外に悪い人では

なかった、という事も実際には多いのですがなかなかそのような話し合いの席を持つ事は難しいもの。

もう一度故意に隣人が迷惑行為をしているのかどうか冷静に意識してみる必要もあると思います。

さて通常は部屋を決める場合、不動産屋が仲介に入っているかと思いますが、もし不動産屋がそのような

神経質な隣人がいる場合、説明責任があるのかどうかという点も気になる人がいるかもしれません。

特に不動産業者は契約判断に重要な影響を及ぼす事実は入居時に借主に説明をしなければなりません。

しかし今回のようなケースはとても微妙なケースであり業者に説明責任があるかないかは判断が分かれる

場合もあるでしょう。一般的な回答としては、神経質な入居者という事については説明責任はないと

捉えるのが多数派かと思います。神経質とは言ってもそれは人の捉え方1つで変わる事もあり

また神経質という性格や性質は人権やプライバシー保護の観点から業者としても説明する事は出来ない

でしょう。しかし神経質な入居者がいる事が原因でその隣室や周囲の部屋で過去に短期間で退去されている

等の事実があればそれは借主の判断に重要な影響を及ぼす事実に該当するかと思います。業者は借主に

対してそのようなトラブルや事実があった事を説明しなければならないでしょう。そして事実を説明

した上で借主にその部屋を借りるかどうか最終判断を下してもらう事が通常かと思います。

隣人問題は解決が難しい問題も多いですね。出来れば問題が深刻にならないうちに早期解決を目指したい

ものです。気持ちの良い生活をしていきたいですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク