孤独死保険が急増中?

 

今回は孤独死保険について書いてみようと思います。

孤独死保険?と聞いてあまり聞いた事がない人もいるかもしれません。

簡単に言えばマンションやアパートを経営している大家さん等が加入する損害保険ですね。

近年では高齢者増加に伴い高齢者が1人でアパートやマンションに居住するケースが増えています。

そして誰にも看取られる事なく部屋内で孤独死してしまったり自殺をしてしまったりという高齢者が

増えているのも事実です。当然大家さんも出来るだけ高齢者と契約しない傾向はあるのですが

近年の賃貸市場の縮小を見るとなかなか入居者を選んでばかりもいられないといった深刻な状況も

あります。

スポンサーリンク

もし高齢者がアパートで死亡した場合、大家さんにとってはどのような被害が考えられる

でしょうか。例えば風評被害の問題。自分のアパートで死亡者が出た場合、その死体の放置期間等にも

よりますが特に自殺等の場合は一定期間その部屋を周辺相場と同等の賃料で貸し出す事は難しくなる

でしょう。またその部屋だけならまだしも隣室や上下階の部屋の賃料にまで影響が及ぶ可能性もあり

入居者によっては退去を考える隣人もいるかもしれません。また部屋内で死亡すると体液が床に

染み込んでいたり臭いが部屋内に付いてしまったりというケースも多く、死体を放置していた場合など

は特殊清掃が必要になる事もありますしもちろんその費用は通常のクリーニング費用より高額な場合が

多いでしょう。また借主が死亡したからと言って勝手に家具等を処分する事も出来ず相続人等に放棄

してもらったり処分してもらう等の手続きも必要になります。また高齢者であれば年金暮らしの人も

いれば生活保護を受けている人もおり順調に家賃を支払っていた人ばかりとは限りません。まして

以前から自殺を考えていたとすれば家賃支払いを放置していた可能性もあるでしょう。そのような家賃は

相続人が放棄すれば損害は大家さんが被る事になる事も多いです。その他にも入居者が死亡する事により

リスクは様々で大家さんとしてもそのような不測の事態に備えておく必要があります。

このような状況を鑑みて保険会社各社は大家さん向けの保険商品を販売しています。特にここ数年では

このような新しい保険販売は顕著です。補償内容としては孤独死や自殺等があった場合に原状回復費用が

支払われるものや清掃や遺品整理費用を補償するもの、死亡事故時に起こる大家さんの家賃収入減に

備える保険など保険会社によって様々な補償内容や特約が出されています。また最近では大家さん側

だけではなく入居者側がこのようなリスクに自ら備える保険商品も登場しています。

そしてサービス拡充は急速に進み損保会社だけではなく家賃保証会社までも死亡事故に備えた補償を

打ち出してきています。今まで家賃保証会社は借主の家賃滞納や退去時の原状回復費用を一時的に

肩代わりするサービスでしたが、入居者死亡時に起こる大家さんのリスクまで家賃保証会社が補償する

サービスも登場しています。保険契約者は家賃保証会社・被保険者は大家さんという契約形態にする事で

死亡事故に備えるというもの。そのサービス利用料は通常の保証料と同じく借主が負担する仕組みと

なっています。今後も他社の家賃保証会社が同様のサービスを追随していく可能性は大いにあるでしょう。

それにしても自殺や孤独死時のリスクに備える保険が次々と登場するというのは冷静に考えてみれば

悲しい時代になったものです。今後もこのような事故は増えていくように思いますが身近に高齢者が

いる家族やご友人は時々でも積極的にコミュニケーションを取りにいく姿勢が増々大切になっていきますね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク