入居前の電気代は誰が負担する?

 

今回は入居前の電気代について書いてみようと思います。

引っ越しで新しい部屋に入居した時にはブレーカーを上げて指定のハガキを投函すればすぐに

電気を利用開始できる事が殆どです。ハガキの他にも電力会社のコールセンターで受付けできる

事も多いですね。引っ越し時の電気料金は電気の使用開始日から検針日の前日までの電気使用量で

日割り計算されて料金が請求される事になっています。

ですが幾つかのケースでは電気代の支払義務者が誰なのかわからないパターンも出てくる事も

あるかもしれません。例えば前の入居者が電気契約を解約していなかったケース・前の入居者が退去して

自分が入居するまでの未入居期間の電気代・自分が入居するために部屋の内装工事を施した時の

電気代などが挙げられるでしょうか。細かい話ですのであまり気になる人も少ないかと思いますが、

それでも基本料金や電気代が発生している事は確かです。いずれのケースもその時点で電力会社と契約を

している人が誰なのかをはっきりとしておけばわかる事がほとんどでしょう。

まずは前の入居者が解約をしていなかったケースですがこれは前の入居者が解約手続きをしていなかった

訳ですから未入居の期間の電気代は前の入居者に支払義務が発生する事になります。

大家さんや管理会社が連絡をしてくれるケースもありますがそのまま前入居者名義で使用されて

しまっていた場合には自己責任として前入居者が支払う必要があります。

また前の入居者がしっかりと解約手続きをしていれば未入居期間の電気代は大家さんの負担になります。

管理委託契約次第では共益費から管理会社が負担している所もありますが、いずれにしても

新しい入居者さんには支払い義務はありません。

簡易リフォームや原状回復等の工事期間中であっても電気の支払い義務は大家さん(もしくは管理会社)に

あります。賃貸ではなく新築工事や大規模修繕工事等の場合には工事業者が負担する事も多いです。

借主さんが退去する時に悪質な管理会社によっては「部屋の原状回復工事・クリーニングが完了するまで

電気は解約しないでください」と言われる事もあるようですがあくまで借主さんの電気支払義務が

あるのは退去日までです。クリーニング期間中の電気代まで支払う必要はありません。

退去日が決まったらしっかりと電力会社に連絡をするようにしましょう。

電気料金というと微々たる金額に感じる事もあるかもしれませんが使用期間や使用量によっては

大きな金額を請求されてしまう事態にもなり兼ねません。引っ越し時にはしっかりと手続きをするように

したいですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク