水回りの修理・交換は貸主負担?借主負担?

 

今回は水回りの破損や故障時の負担について書いてみようと思います。

水回りの故障等は困る事が多いですね。自分で修理できる位の軽微なものであれば良いですが

そうでないと生活に大きな支障をきたす場合が多いのが水回りトラブルです。また時には水漏れなど

緊急性を要す事故もあり的確な判断が求められます。水回りと言えばキッチンや浴室・トイレや

洗濯機置き場など幾つか考えられます。

スポンサーリンク

さて費用をどちらが負担するかについてですが故障時の修理にしても破損の交換にしても一般的には

貸主である大家さん側に修繕義務が生じる事が一般的です。大家さんには毎月の賃料を受け取っている以上、

借主が平穏無事に生活できる住居を提供する義務があります。その為水回りに関わらず設備や建物の不具合

等のケースでも大家負担になる事が通常です。例えば契約時に○○設備の故障時の負担は借主負担とする

という特約を定めたとしても、その特約は否定されます。ただし軽微な負担(電球の取り換えや

ふすま紙の取り換え等)に関しては借主負担とする特約を付する事が認められますが、それ以上の過大な

負担を借主に押し付ける事は否定されるでしょう。水回りの問題で考えても例えば風呂釜が割れた・

給湯機が故障した・トイレの便器が割れた等、交換や修理に比較的大きな金額がかかるケースについては

借主負担とする事はできず貸主が費用負担する事が一般的です。一方で借主にもその住居を適切に管理し

時には貸主に対して通知する義務が課せられており、例えば水回り設備が一部破損していて交換が必要な

事を知っていたのに貸主に通知しなかった為に後日水漏れ事故が生じてしまった場合等は借主負担で

修繕義務が課せられる可能性はあるでしょう。もしくは借主が故意や不注意で破損してしまった場合等も

借主負担になるケースがあります。また設備に修理が必要なケースでも同様で必ず事前に貸主に知らせて

おく事が大切です。一般的には物件を管理している管理会社が窓口になっていると思いますので

管理会社に連絡をするようにしましょう。故障や破損をしているからと言って借主が勝手に交換や修理を

手配してしまっては後日その費用を請求しても応じてもらえない可能性も出てきます。貸主側としても

どのような事情や原因がきっかけでその事故が発生したのかが明確でないと責任の所在を決定する事が

出来ません。自分だけで解決しようとせず前もって連絡をしておきたいですね。

もっとも健全に大家業を営んでいる大家さんであれば設備の不具合やトラブルは入居者の退去を招く

きっかけになる事が多いのを知っているので早急に対処してくれる大家さんが殆どかと思いますが

中には費用の捻出を拒んでくる大家さんもいます。その場合には修理や交換をする修理業者に原因を

しっかりと確認しておく事が必要です。設備の経年劣化であれば当然大家負担になりますし借主が故意に

故障・破損させたのであれば借主負担になるケースもあります。出来れば修理業者から事故原因が記載

された工事完了書を作成してもらえれば一番良いと思いますし、書面作成が難しくても貸主側に連絡してもらい

原因を伝えてもらうと効果的かもしれませんね。いずれにしても水回りのトラブルに関しては日頃から

気を付けて生活していきたいものですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク