契約更新時に仲介手数料を請求された?

 

今回は仲介手数料について書いてみようと思います。

仲介手数料というのはご存じの方も多い通り、不動産屋が仲介し貸主と借り主の賃貸(売買)契約が

成立するとその手数料として不動産屋に支払う手数料ですね。一部仲介手数料を無料としている

業者もありますが殆どが家賃の半月分~1か月分の仲介手数料を支払う事になります。

スポンサーリンク

契約を仲介する事で発生するのが仲介手数料ですから最初の契約時に仲介手数料を支払えば

契約更新時には仲介手数料は発生しません。ところが更新時にも仲介手数料を請求されたという

声を聞く事が時々あります。

普通賃貸借契約で更新時にかかる手数料は更新料がかかる場合があります。更新料は通常は

1か月分程度で多くて2か月分くらい。その他にも契約事務手数料・更新事務手数料・書類作成料

等の名目で費用を徴収する不動産屋もあるでしょう。

更新時に仲介手数料がかかると不動産屋に言われたとなると大抵は定期借家契約の場合が考えられます。

定期借家契約はご存じの方も多い通り期限が到来すればその時点で契約は消滅します。そこから更に

再契約を締結するには大家さんと借主さんの合意が必要です。定借であれば再契約をし直す際には

再契約料という名目でお金を徴収される事は多くあります。大抵は0.5~1か月分程度でしょうか。

その他にも事務手数料や礼金が取られる事もよくあります。この再契約料の事を不動産屋によっては

仲介手数料と言っているケースもあり、顧客としてはこの点で少し混同する事が多いのかなとも思います。

確かに定借であれば期限到来で契約は消滅しているので新たに契約し直すという意味では仲介手数料

という言葉の使用も必ずしも間違っているとは言えません。再契約をするのであれば再契約料等の費用が

ある程度発生してしまう事も仕方がないとも言えるでしょう。

ただ再契約後の契約内容自体が以前の内容と変わらないのであれば契約書や重説は手元にある訳ですから

大家さんが直接契約に応じてくれれば再契約時には不動産屋を介す必要がないとも言えます。再契約でも

不動産屋を通さなければ再契約料はもちろんかかりません。普段から大家さんと懇意になっている借主さん

であれば相談してみる価値はあるかもしれません。実際には物件の管理は不動産屋任せになっていますし

トラブル時を想定して仲介に入ってもらう訳ですから直契約に応じてもらえる可能性は低いですが、

定期借家の場合は以後空き室時の入居者確保が困難になるケースも多い事から、不動産屋を通したとしても

ある程度柔軟に話を聞いてもらえるケースはあるかもしれませんね。

いずれにしても不要なお金は支払わないように注意したいものです。今回は仲介手数料についてでした。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク