内見時に付いていたはずの設備がない?

 

今回は内見時に付いている設備について書いてみようと思います。

お部屋探しをする際には事前に内見をする事が普通ですね。

最近では不動産屋も物件画像を多く提供している所が多く、部屋を見ずに申込みをする人も少しずつ

多くなってきてはいますが、やはり長く住むお部屋ですから実際のお部屋をしっかりと確認してから

申込みしたいものです。

さて内見時に付いていたはずの設備ですが実際に契約後の入居時にその設備が取り外されていた

なんて事がたまにあります。特にエアコン等は時々そのような光景を見かけます。

借主さんも内見時にその設備がある事を把握した上で契約した訳ですから、実際の入居時にいきなり

その設備が消えていたら大慌てです。内見時には設備の1つ1つまで営業マンから説明を受ける事は中々

難しいですし説明を求められたとしてもその設備の事を全て内見時に把握している営業マンも少ないものです。

結果的には契約書等がどのような記載になっているかに尽きます。もちろん書面上で付属設備になっていれば

大家さんにその設備を付けてもらうよう請求する事が出来ますし営業マンの説明に誤りがあった確証があれば

解除等の請求する事も考えられるでしょう。またよくある例としてはその設備が前の所有者のもので

そのままその設備を残して退去した場合等が考えられます。大家さんとしてもそのまま取り外すのを忘れて

放置していたケースですね。前の借主が置き残して大家がそれを承諾し退去した時点でその設備は大家さんに

所有権が移転していますが新しい借主の契約書にその設備が付属設備となっていなければ覆すのが中々難しい

ケースもあります。契約時の契約書や重説はしっかりと内容を確認してから契約するようにしたいですね。

改めて書くような内容ではありませんが徐々に引っ越しシーズンが近くなってきましたので念のため。

寒くなってきましたので皆さんも風邪等には十分お気をつけください。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク