ペット不可の物件が途中からペット可になった?

 

今回はペット不可物件について書いてみようと思います。

ペット不可の物件をあえて選択する人というのは意外にいるものです。アレルギーの人や臭いがダメ

な人・過去に動物の鳴き声で眠れない等の被害があった人など事情は様々ではないでしょうか。

またペット不可物件という事は知っていながら大家さんに内緒でペットを飼っているという人も

いるのかもしれません。

いずれにしても最初からペット不可の物件をあえて選んで住んでいる人は個々の何かしらの事情で

その物件に住んでいます。そんなある日に突然ペット可物件に変更になったとしたら驚いてしまいますね。

スポンサーリンク

さてペット不可の物件がペット可物件に変更になる事というのは実際にはよくある事です。

借主さんからすると納得がいかない話かもしれませんが、これは珍しいケースではありません。

良心的な大家さんであれば全戸賃借人に承諾を取りますが、そういった案内をせず案内紙張り出し程度で

急にペット可に変更してしまうケースというのはありますし、全く無断で変更する事もあります。

様々なケースがありますが一番多いのはやはり賃貸需要を掘り起こす意味でペット可物件に変更する

事があります。昨今では立地によっては入居者確保に苦労している大家さんも多いものです。

入居者の確保には家賃を下げるなり設備を追加するなりリノベなりと色々と施策はありますが、

その中の1つとしてペット可物件に変更するという方法があります。まして近隣にペット可物件が

他に望めないような地域であればなおさらペット可への変更を検討する大家さんも中にはいるのでしょう。

このようにいきなりペット可物件に変更する事が許されるのか?と言われれば契約時の状況等をはっきりと

立証できるのであれば契約不履行と言えそうなものの、残念ながら実際問題としてペット可への変更を

中止させる事は難しいかと思います。例えば分譲マンションであったとしても決議が通って規約変更

すればペット可は可能ですし、そもそも分譲の場合は各部屋ごとに所有者や管理会社が異なるのは普通で

自分の部屋はペット不可だけれども隣室はペット可物件だった、なんて事もよくあります。もしくは

マンションの規約ではペット可だけれども賃貸借契約上ではペット不可にしているというケースも

あります。貸主側次第ですね。また借主にはマンションの規約変更にまで口を出す権利はありません

ので残念ですが従うより他はないでしょう。

賃貸マンションであっても入居時の契約書等にペット不可の物件として入居した事や将来にわたって

ペット不可物件である旨の条項・特約等があれば賠償請求も考えられますが、実際にはそのような事を

立証する事は簡単な事ではありません。契約時に不動産屋から説明誤りや説明漏れがあった事を立証

できれば不動産屋に責任追及する事も考えられなくはないですが、実際に何年も前の契約書や重説だけで

それを証明する事もほぼ困難で、言った言わないだけで終わる可能性が高いでしょう。まして訴訟提起

しようにも隣室のペットが原因で大病を患った等の損害を算定できる特別なケースがあれば別ですが

基本的には金銭的・時間的に割に合いません。良心的な貸主であれば相談してみればある程度の金銭的な

解決等の相談に応じてくれる事もあるかもしれませんがケースバイケースとしか言えません。

貸主側としてもトラブルを未然に防ぐには、借主に事前承諾を取る、家賃の値下げ・ペットの種類や大きさ

の規制・ペット可と不可の部屋を別フロアにする等の対応が考えられなくもないですが、元々入居者不足で

変更を余儀なくされているのでしょうから主には経済的な事情で施策を取れない貸主も多いのでしょう。

単身世帯の増加でペット需要が増え、今後もペット不可→可になる物件は徐々に増えていくように思います。

ペット可物件を探す事自体が難しいケースも多いですが逆にペットが100%不可の物件を探すという事も

中々難しいものです。私の友人も近隣からの騒音やトラブルが嫌で築古のボロの平屋戸建に住んでいる人が

いますがどのような環境がベストなのかは個人個人で違いますしね。。今後は戸建も余ってくると思うので

もう少し借主さんの選択肢が増えてくれば問題も緩和されていくのかな。。難しい問題です。良い答えが

見つからずにすみません。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク