ペット不可の物件が途中からペット可になった?

今回はペット不可物件について書いてみようと思います。

ペット不可の物件をあえて選択する人というのは意外にいるものです。アレルギーの人や

臭いがダメな人・過去に動物の鳴き声で眠れない等の被害があった人など事情は様々では

ないでしょうか。またペット不可物件という事は知っていながら大家さんに内緒でペットを

飼っているという人もいるのかもしれません。

いずれにしても最初からペット不可の物件をあえて選んで住んでいる人は個々の

何かしらの事情でその物件に住んでいます。そんなある日に突然ペット可物件に変更に

なったとしたら驚いてしまいますね。

スポンサーリンク

トラブルになりやすいペット可・不可物件

賃貸物件においてもペットの飼育に関するケースは問題になりやすいものです。

鳴き声に関しても騒音として苦情に繋がることも多いですし、体臭や糞尿からの異臭が

苦情になる事もあります。また人によってはアレルギーを持つ方など、あえてペットの

飼育が不可の物件を選ぶ人もいるでしょう。また部屋内だけでなくマンション等の場合は

共用部分が汚損・損傷する可能性もありますし、小さなお子さん等がいる建物であれば

動物に噛まれるといった事故も少数ながらあるようです。

また借主さんによっては飼っている生き物をペットと認識していない場合もあります。

例えば小鳥やうさぎを飼っている人の中には「小動物はペットじゃないと思って

いました」という事を言う人も中にはいます。または「おとなしい動物だから迷惑を

かけない」という飼い主もいるかもしれません。ですが動物を飼う事により退去時の

原状回復費用も変わってくる可能性があります。ペットを飼う事が前提となっていた

ならば、入居時の敷金額も変わっていた可能性もあるでしょう。

やはりペットを飼う事が入居時に決まっているのであればペット可物件に居住する

事が常識的であり、ペット不可物件であればそこではペットを飼うべきではありません。

(なんだか私がペット嫌いのような感じになってしまいましたが、私は動物好きです)苦笑。

ペット可にする理由は?

さてペット不可の物件がペット可物件に変更になる事というのは実際にはよくある事です。

借主さんからすると納得がいかない話かもしれませんが、これは珍しいケースではありま

せん。良心的な大家さんであれば全戸賃借人に承諾を取りますが、そういった案内をせず

案内紙張り出し程度で急にペット可に変更してしまうケースというのはありますし、

家主によっては承諾を取らず全く無断で変更する事もあります。

 

様々なケースがありますが一番多いのはやはり賃貸需要を掘り起こす意味でペット可物件

に変更する事があります。単純にペット可にすると入居率は高くなる傾向があります。

エリアによってはまだまだペット可物件は少ないので、ペット飼育者は住む所を見つける

だけでも大変です。ペット可にすると空き部屋が多い建物でも入居率を改善できる見込み

があります。

昨今では立地によっては入居者確保に苦労している大家さんも多いものです。

入居者の確保には家賃を下げるなり設備を追加するなりリノベなりと

色々と需要を掘り起こす施策はありますが、その中の1つとしてペット可物件に変更する

という方法があります。まして空き室期間が長引いている部屋が多かったり、建物が古い・

競争力を付けたい建物であればなおさらペット可への変更を検討する大家さんも中には

いるのでしょう。

また高齢化・単身世帯の増加等も背景にあるかと思います。今では1人暮らしの高齢者や

若者も少なくありません。1人で寂しいためにペットを飼うといった需要も増えている

ようです。このようなニーズを汲み取る意味でペット可物件が増えているといった事情も

あります。

またペット可物件の場合には、入居率だけでなく入居期間にも影響してきます。

大家からしてみれば出来れば長く入居してほしいもの。ペット可物件は数が少ないので

一度良い部屋が見つかると、飼い主は長くその部屋を借りる傾向があります。

結果として空き部屋が出にくい事にも繋がり、家主にとっても利点があります。

スポンサーリンク

ペット可を中止させる事はできる?

このようにいきなりペット可物件に変更する事が許されるのか?と言われれば契約時の

状況等をはっきりと立証できるのであれば契約不履行と言えそうなものの、残念ながら

実際問題としてペット不可→ペット可への変更を中止させる事は難しいかと思います。

例えば分譲マンションであったとしても決議が通って規約変更すればペット可は可能ですし、

そもそも分譲の場合は各部屋ごとに所有者や管理会社が異なるのは普通で、自分の部屋は

ペット不可だけれども隣室はペット可物件だった、なんて事もよくあります。

もしくはマンションの規約ではペット可だけれども、賃貸借契約上ではペット不可にして

いるというケースもあります。ややこしいですが要は貸主側次第という事です。

また借主にはマンションの規約変更にまで口を出す権利はありませんので残念ですが

従うより他はないでしょう。

 

賃貸マンションであっても入居時の契約書等にペット不可の物件として入居した事や

将来にわたってペット不可物件である旨の条項・特約等があれば家主に対して賠償請求をする

事も考えられますが、実際にはそのような事を立証する事は簡単な事ではありません。

または契約時に不動産屋から説明誤りや説明漏れがあった事を立証できれば不動産屋に責任追及

する事も考えられなくはないですが、実際に何年も前の契約書や重説だけでそれを証明する事も

ほぼ困難で、言った言わないだけで終わる可能性が高いでしょう。

ましてもし訴訟提起しようにも隣室のペットが原因で大病を患った等の損害を算定できる

特別なケースがあれば別ですが、基本的には賃貸のケースでは金銭的・時間的に割に合いません。

 

良心的な貸主であれば相談してみれば、ある程度の金銭的な解決等の相談に応じてくれる事も

あるかもしれませんが、こればかりはケースバイケースとしか言えません。

一方で貸主側としてもペット可に変更する際にトラブルを未然に防ぐには、借主に事前承諾を取る、

家賃の値下げ・ペットの種類や大きさの規制・ペット可と不可の部屋を別フロアにする等の対応が

考えられなくもないですが、元々入居者不足で変更を余儀なくされているのでしょうから

値下げやフロア改装等は経済的にも中々難しい所でしょう。

 

単身世帯の増加でペット需要が増え、今後もペット不可→可になる物件は徐々に増えていく

ように思います。ペット可物件を探す事自体が難しいケースも多いですが、逆にペットが100%

不可の物件を探すという事も中々難しいものです。入居時にペット不可であったとしても家主の事情

等により将来的にペット可になる可能性も当然にあります。また今後は物件数も余ってくると思うので、

もう少し借主さんの引っ越しの選択肢が増えてくるような気がします。

飼い主さんとしては厳しい所ですがいつでも様々な環境に柔軟に対応できるようにしておく事が

大切ですね。良い回答が見つからずにすみません。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク