家を安く買いたいって?

家を安く買いたいって?

今回は家を安く買う事について挙げてみたいと思います。

賃貸で暮らしている人にとってはいつかは自分の家を持ちたいと考える人もいるのかも

しれませんね。賃貸か持家かという議論は良く出てきますが、それはざっくり言えばその人の好みで

良いかと思います。もし購入を選択するとすれば、安く買う事が出来れば普通に初期コストを下げ

られますし、賃貸に回すとしても購入金額は利回りに大きく影響してきます。

 

家を安く買うとなると新築だとどうしても値引き額に限界があるので良質な中古住宅も選択肢に

入れていく事になりますが、ご存じの方も多い通り一般的に不動産サイトで見かけるような物件は

割安と言える物件はほとんどありません。割安物件があったとしても一般市場に出てくる前に業者

が買付しているのが普通ですので私達が目にする物件は大体相場並みの物件が多いです。

また昔は割安で仕入れが出来た競売や任売物件も、今では相場並みか相場以上の値が付けられる

事も多く、地方物件ではまだ割安に仕入れが出来る物件もありますが都心ではほぼ皆無です。

 

となるとやはり一般のマーケットから物件を探す事になりますが、そのまま言い値で購入しては

やはり相場並みで購入する破目になり旨味がありません。だとするとやはり価格を下げるには

根気強く表示価格に「指値」を入れていく事になります。

例えば1000万の中古物件があったとしても700~800万での指値を入れる人は多いですし、

それ以下に値切ってくる人もいます。もちろん売り主は良い顔をしない事もありますし、不動産屋にも

煙たがられる事もあるので、最低限のマナーは必要です。

単純に指値が通る確率がもし5%であるなら、色々な物件に20回ほど指値をすれば成功する確率が

限りなく100%に近づく事になります。もちろんただがむしゃらに値切れば良いというものではなく

不動産業者も当然に毎回そのような相談には慣れっこですので、その指値金額の根拠も示していかな

ければなりません。

また交渉の始めから指値ありきで話されては、他の物件と同じようにいい加減に重複して指値をして

いるだけと捉われる事も多く、またデタラメな指値はかえって売主に嫌われて終わりという結果に

なるケースもあり、やはり実際に足しげく物件に足を運んで交渉をしていく事になります。

 

また物件によって不人気になりやすい特徴というものがあります。例えば土地で言えば旗さお地で

あったり傾斜地の土地・交通が不便な地・解体費用がかかる小屋が付いている土地や日当たりの

悪い土地など、安くなる物件にはそれなりの理由があります。そのような理由を元に指値を打診

していく人もいるでしょうし、マイナス部分がある物件でも、自分にとっては許容範囲と考えられる

部分もあるので、自分が譲れる範囲とそうでない範囲を明確にする事も大切です。

スポンサーリンク

また物件に対する価値は本当に人それぞれで、相場が云々というよりも要は売主がその値でOKと

言えば契約成立な訳であり、特に不動産の価格は相場はあっても、売り主・買主の双方の事情や

その時の感情で大きく左右しますので、価格もあって無いような物と言っても良いかもしれません。

また高額な商品である為、売主が売却したいと思うには急な現金が必要な場合など、売主なりの

事情があり、現金買取りのような業者が成立するのも、不動産は即換金が難しい事や流動性の低さ

といった特有の事情があります。

また不動産屋としても仲介料は多少下がりますが、それよりも早く売り抜けたいというケースも多い

ので、やはり指値を繰り返していく事が結果的に物件を割安に購入できる事に繋がります。

指値が通りやすいケースというのは色々とありますが売主側の事情指値の金額・売却開始から

経過期間仲介業者の交渉力売買主双方の相性や感情指値のタイミングなどが挙げられます。

どれもバランスを欠いては失敗に陥るケースも多く、その点は同じく指値を繰り返していく事で

自分なりの法則や売主との適正な距離感を掴めてくるでしょう。

 

またエリアにもよりますが、基本的には人口減少等により不動産価格は下がっていく事になるかと

思います。特に築年数の古い中古物件は増々価格が下がっていくように思われます。今後は物件余りの

状況が続くので物件の選択肢も多少は広がってくるでしょうし、指値も以前よりは通りやすくなる

のではないでしょうか。または考え方にもよりますが、今まで以上に今後は買い手市場になってくるかと

思いますので、本当に希望の物件が出てくるまでじっくり待つといったスタンスも良いような気がします。

 

またよくあるケースではありますが、家を購入する時だけ真剣に考えて、購入した後の事をあまり

考えない人もいます。例えば家を購入したとしても、家は必ず年数と共に傷むものです。そのため

メンテナンスが必要になります。特に今後は築古の家も増えるでしょうから、なおさらメンテの

必要性は感じます。

例えば私の知り合いに昔に中古住宅を購入した人がいますが、今では「失敗したと思っている」との

事。二階建てですが建物周囲のスペースが殆ど無く、脚立も入れられず外壁の補修が難しい事や、

隙間に生い茂る雑草の手入れが大変との事。購入時は安さに惹かれて購入したようですが、やはり

購入後のメンテナンスのしやすさも重視した方が良いように思います。

 

日本人は値引きをしてもらう事に抵抗を感じる人が多いように思います。確かに売主さんの希望との

兼ね合いが大切ですが、双方が折り合う価格のボーダーラインを探る事は決して悪い事ではないのに、

どうしても消極的になりがちです。家を安く買うには結果的には、根拠のある指値を購入出来るまで

続ける事に尽きます。投資家でもない限り、人生の中で家を購入する機会は1~2回ですから気長に

売主との駆け引きを楽しむつもりでじっくりと取り組むのも良いのではないでしょうか

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク