未完成物件を賃貸契約した後、キャンセルした場合の返金は?

 

今回は契約後の返金について書いてみたいと思います。

新学期に向けて引っ越しの準備を始める人も多くなってきましたね。春から新しい学校へ

通う人や就職を迎えた新入社員など、これから引っ越しを考えている人もいるかと思います。

また若い方や女性はとくに新築物件を好む傾向があります。既に完成している物件であればまだしも

まだ未完成の物件というのは多少のリスクが伴うものです。イメージしていたよりも間取りが狭い・

付属していると思っていた設備が付いていない・臭いが気になる等、隣人がどのような人になるか

わからない等、実際に入居してみないと把握できないリスクが存在しています。

スポンサーリンク

さてそのような未完成の物件に申込み&契約をして、もし何かの都合で入居前にキャンセルした場合

というのは契約金は返金されるのでしょうか。例えば今の時期で言えば、4月に入居を予定していて

3月中に建物が完成する予定で今から前もって契約をしておくようなケースですね。

ここで考えておきたいのは未完成物件だとしても完成物件だとしても契約後の入居前のキャンセル処理は

ほぼ同じだという事です。契約金をそれぞれ考えてみますと敷金については全額返金されるでしょうし

火災保険料も約款に従いますが恐らく全額返金されるでしょう。仲介手数料は契約が成立していますので

恐らく不動産屋も返金はしてくれないかと思います。礼金については多少微妙な所ではありますが

完成物件と違って未完成物件の場合はまだ建物の提供自体をしておらず貸主としての義務は履行されて

いない状態にある事から、礼金は返金に応じてくれる余地はあると言えるでしょう。しかし本来は礼金は

契約後であるからには返金しなくても良い性質のお金なので後は貸主側の考え方次第ですね。

また契約時には前払い家賃も支払っているかと思いますが、このまだ居住していない訳ですから

返金されるのが通常です。しかし即時解約時には賃料1か月分程度の負担を強いられる事が多いかと

思いますので、この負担分に充当され、前払い家賃も返金されない可能性が高いと言えそうです。

この辺りも大家さんの考え方次第と言えそうですね。

ともかく未完成物件か完成物件かという事は返金には殆ど関係がありませんし、また入居前かどうか

という事も関係がありません。要は契約を済ませた後には借主としての支払い義務が発生し、

返金されないお金があるという事だけは覚えておきたいですね。

あとは先々に入居する予定の物件であれば賃料の発生日も念のため確認しておく必要があります。

通常は実際の入居日から賃料が発生するように手配してくれる事も多いかと思いますが、もし契約書上で

賃料発生日=契約日と記載があればやはり契約日から賃料が発生してしまいます。1~2か月分の

余分な賃料を支払うのは馬鹿らしいですから必ず確認しておくようにしたい所です。

その他にも未完成物件は室内が見られない分、図面や担当者に確認できる所は事前に確認しておきましょう。

天井の高さ・空調・セキュリティー・壁色・電気容量・電話回線・照明など気になる点は色々とある

筈です。また余談ですが新築物件や未完成物件は家主側のコストが賃料に転嫁されている事が多いので

個人的には築浅や中古物件をお勧めします。これから引っ越しを考えている人は長く住むお部屋ですから

良い物件が見つかると良いですね。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク