募集広告で同じ間取りなのに自分の部屋より安い?

 

今回は部屋毎の賃料について書いてみたいと思います。

マンションやアパートに住んでいる人にとって自分の住んでいる部屋の近隣の部屋の家賃が

いくらくらいなのか気になる人もいるかもしれません。毎月支払うお金の事ですから少しでも

安い方が良いと思う人は多いでしょう。しかし例えば自分の部屋の家賃が7万円なのに隣の部屋が

6万円で募集広告が出ていたらどうでしょうか。納得がいかないと怒ってしまう人もいるかもしれま

せんね。

スポンサーリンク

さて建物には大きく分ければ賃貸マンションと分譲マンションがあります。分譲マンションの

ように部屋毎に所有者が異なれば当然それぞれの借主さんとの契約内容も部屋ごとに異なる

ケースも多いものです。同じ間取りでも101号室は50000円。102号室は55

000円なんて事もよくある訳です。所有者と借主の契約がそれぞれ独立して存在しており、

隣室と家賃が異なるからと言っても受け入れられない場合も多いでしょう。

一方で賃貸マンションの場合にはオーナーさんが丸々一棟所有しているケースも多く、借主さんは

皆その1人のオーナーさんと契約をする事になります。もちろん賃貸マンションでも部屋毎に賃料が

異なる事はよくありますが、分譲タイプよりは多少は交渉がしやすいと言えるでしょう。

オーナーさんとしても一応は同じ建物の同じ間取りの部屋であれば同じ相場感で家賃設定を考えるので

隣室と家賃が異なると言われると多少は考慮せざるを得ない場合もあります。

分譲にしろ賃貸にしろ周辺相場と比較して賃料が高い場合には借主さんはいつでも家賃の減額請求が

できます。ただ一方で家主さんもその交渉に応じるかどうかは自由です。家主さんが家賃の減額に応じずに

拒否した場合には話がエスカレートすると調停へ、調停が不調に終わると裁判という流れになります。

裁判が確定するまでは家主は今まで通りの家賃を請求する事ができます。(借地借家法32条)

ただ家賃交渉くらいでそこまで話がエスカレートする事はあまりありません。実際に調停や裁判

を行ったとしてもその後のその建物での生活も考えて実のある結果には繋がらないかと思いますので

やめておいた方が良いでしょう。

お引越しが不慣れな人には同じ間取りなのに賃料が違うのはおかしいと感じる人もいるかもしれませんが

このように部屋毎に家賃が異なるというのはむしろ当たり前の事で、その他にも同じ家賃なのに設備が違う

とかもよくあります。その募集時の相場や募集状況を考慮して時価で家賃を設定するので、本当に水もの

なんですね。

交渉をするのであれば周囲の空き室状況もよく見て行いたいですね。特に家主さんにとっては長く

住み続けてくれる借主さん=良い借主さんとは限らず、出来れば定期的に借主が交代してくれた

方が良い事もあります。敷礼金等がちょこちょこ入った方が家主としては実入りは良いですからね。

周囲が満室に近い状態であればむしろ家賃交渉をする事で借主さんが不利になってしまう事もあるので

物件の空き状況は確認しておきたいですね。また今の時期に家賃交渉するのはまだ家主さんも強気に

出れる時期なので交渉するとすれば閑散期に入る4月以降が良いかと思います。家主さんも殆どは

空き室が埋まらないから隣室の家賃を減額したんでしょうし、これ以上入居者に退出されたら痛い

ですしね。でもそれよりは何にしても最初の契約時に自分が納得できる家賃で契約をする事が大切

ですね それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク