物件の部屋面積が思っていたより狭い?

 

今回は物件の面積について書いてみようと思います。

この時期、新築物件などは人気がある事も多く、条件の良いものはすぐに埋まっていってしまう事も

あります。その為、他者に取られまいと検討している人は焦ってあまり検討もせずに申込みをしてしまう

ケースもあるでしょう。しかしこれから長く住み続ける家ですから出来れば慎重に判断をしたいものです。

特に未完成の新築物件やまだ入居者がいる状態で内見が出来ない物件は、図面だけで判断しなければ

ならないケースが多く、色々な事を下調べしておかないといけません。

スポンサーリンク

さて内見が出来ない物件でトラブルが多いのは部屋の広さです。内見が事前にできない物件には

、入居時に記載の設備が付いていないとか部屋が日照が入らず暗いとか様々な苦情はありますが、

やはり部屋の広さが思っていたよりも狭いという苦情は割と多くあります。

当然図面にも面積の記載はあります。部屋の広さを畳数で表示する場合には、畳1枚あたりの広さは

1.62㎡以上の広さがあるという意味になります。例えば洋室6畳と記載があれば1.62㎡×6

=9.72㎡となります。また壁の内側から計測するのではなく壁芯面積(隣の壁や柱の厚さを含んで

その真ん中ではかった内側の広さ)で計測する事になっているので、例えば自分の自宅の部屋をメジャーで

測って、その測った面積と新居の面積を同じように比較して考えると失敗するケースが多いでしょう。

壁芯で計測する分、実際には多少狭くなるので家具などの配置も余裕を持って考えておく事をお勧めします。

本来部屋を見ずに契約をする事自体がリスキーな気もしますが、とは言っても人気物件はできるだけ

早めに決めておきたいというのが消費者心理かとも思いますので、図面から把握できる情報は正確に

理解しておきたい所です。またその他の設備やスペースによっても部屋の圧迫感は変わってきます。

例えばバストイレ別の部屋よりもバストイレ一体型の方が部屋が広く感じる事はあると思いますし、

室内洗濯機置き場があると部屋が狭く感じる事もあります。ちなみにロフト部分は面積には含みません。

図面上だけではそこまで実際の広さのイメージが出来ないのでしょう。

また契約をしてしまった以上はやはりその部屋を有効に使うという事を考えたいものです。

もちろん広さを変える事は出来ませんが、工夫をする事によって多少は広さや開放感を出す事は

出来ます。例えば単純に家具を少なくすればその分部屋を広く使う事は出来ますし、家具を置くとしても

背の低い家具を置くと圧迫感もそれほどありません。また壁やカーテンをホワイト色に統一すれば

ある程度開放感を出す事も出来ます。あまり家具を置きすぎても特に新築の場合には床の傷や日焼け跡

などを退去時に原状回復で指摘される事もあるのでシンプルな配置のお部屋も良いかもしれませんね。

やはり基本的には部屋探しでは事前に内見をしてから申込みをする事が大切です。またどうしても先手を

打っておきたい場合であっても申込みまでに留めて後日内見をした後に契約手続きをしたいものです。

気に入った部屋があるとそこと同レベルの部屋は二度と現れないかのように考える方もいるかも

しれませんが、それは大抵が錯覚です。お部屋探しは時間をかけてじっくりと色々な物件を見てみましょう。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク