不動産屋の毎月の経費って?

 

不動産屋の毎月の経費って?

 

今回は不動産屋の経費について書いてみようと思います。

例えば小売り店であれば毎月一定の在庫を抱えそれを売りさばき売上に直結するとか

なんとなく想像はつきそうなものですが不動産屋に毎月かかる費用とかって

何となくイメージしずらい部分ってあると思います。

簡単にですが不動産屋の経費について書いてみますね。

スポンサーリンク

賃貸と売買とで多少変わってきますが毎月の費用で大きいものは店舗の家賃・人件費・広告費

です。まず店舗ですが不動産業の場合、自宅の1室やマンションの部屋内で営業を行う事が

一定の条件を満たさないと難しいため、店舗を借りる事も多いのですが当然店舗によって

家賃は違いますでも大体7~50万円くらいの間で収まっていると思います。もちろん新規の

開業したばかりの不動産屋は高い家賃の所は借りるのが難しい場合もあるので大体10万円前後の

テナントとして始める事も多いですね。また駅前の路面店でドーンとお店を構えるのか駅から多少

離れたり2階以上の空中店舗で始めるのかによっても結構賃料は変わってきます。

次に人件費ですがこれもその不動産屋さんによってですね。開業当初は1人で開業して人をまったく

雇わない事もあります。また正社員で雇うのかアルバイト・パートさんで雇うのかによってももちろん

変わってきます1人でやる場合は仕事の効率化や外出時にどのように対処を考えておくかを考えて

おく必要もあるんです。また人を雇うにも補助金などである程度対応できる場合もありますね。人件費については

他の業種とあまり変わりませんが歩合給の色が強いので営業マンの毎月の成果によって支払う人件費も

変わってきます。時給にしたら800~1000円くらいの支払いをしている所が多いですね。

また宅建主任者を雇う場合には2~3万円の主任者手当を出す事もあります

次に広告費ですが当然自分のお店の事や取り扱っている物件やサービス内容をお客様に知ってもらわないと

数多くの不動産屋から自社を選んでもらえません。当店の最寄り駅の不動産屋だけでも100社近くありますから

その中でお客様にPRするというのは結構大変なんです。広告費については主にポータルサイト(スーモさんや

アットホームさんとかホームズさんですね)に物件を掲載する事になるんですが各社課金体制は異なります

詳しくはルールで書けないですが大体10枠の広告を出したとして1万円くらいと考えて頂ければと思います。

売買なんかでは一定額で無制限なんていうのもありますね。当然10枠だけじゃPRになりませんから

200とか300の広告を出す事になっちゃうんです。計算してもらえれば大体の広告費はおわかりになるかと

思います。もっとも各社によって物件の掲載数はぜんぜん違いますからあくまで参考ですね。

あとは細かい事を言えば印刷費も多少かかりますね。物件図面はもちろん広告掲載承諾書や内見依頼(名刺)・

通常コピー等々。。

また年会費として協会にも8万円くらい(だったかな?)支払う事になります。主に業者間流通(レインズ)等の

使用料金とみても良いかと思います。後は車も使用するのでガソリン代、車両維持費もかかりますね。

駅近くの物件では電車を使用する場合もありますし、維持費の高騰により最近ではカーシェアを利用する

不動産屋も増えてきました。カーシェアは1~2時間くらいの案内であれば千円台で利用できる会社が多いので

レンタカーよりもお得な事が多いですね。車種なんてお客様は気にしませんから。。

ただ他の業種と比較して不動産屋の良い所は在庫を抱えない所ですね。それだけに新規参入も多いんですが

やりがいのある仕事だなぁとは思います。広告費をなるべく削って仲介手数料無料を実現している会社も

ありますのでお客様に還元できる割合が大きくなるようになっている所もあります。千葉県の賃貸物件をお考えの方は

ぜひ当店にご相談くださいね!

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸