不動産屋で紹介された引っ越し業者は損?料金を安くするコツ

今回は不動産屋が紹介する引っ越し業者について挙げてみようと思います。

気に入ったお部屋が決まっていよいよ引っ越し…という時に、不動産屋から引っ越し業者の紹介を受けた事はありませんか?

店頭に引っ越し業者のチラシが置いてあったり直接営業マンから「ウチと提携している引っ越し業者なのでぜひ…」みたいな説明があったりする場合もあります。

不動産屋にとっては引っ越し予定者を引っ越し業者に1件紹介すると紹介料がもらえる事もあり、勧められる場合もあるかと思います。

スポンサーリンク

不動産屋で紹介された引っ越し業者は損?

さて不動産屋で紹介された引っ越し業者を利用する事は損なのでしょうか。

私が勤めていた不動産屋のポストにも頻繁に引っ越し業者のチラシが投函されていました。

 

たまに「不動産屋で紹介された引っ越し業者を利用すると損をする」といった話を聞きます。

確かに引っ越し業者に顧客を紹介することで不動産業者側に多少のマージンはありますが、そうは言ってもその引っ越し業者の料金が相場よりも異常に高いとは思えませんし、またそのマージン分だけ引っ越し料金に乗っているという事も少ないように思います。

引っ越し料金は荷物量やシーズン・スタッフ人員・移動距離等によってだいぶ異なりますので、一概にどこが安いという事も言えないのが実際です。

また引っ越し業者からしてみれば、不動産屋からの紹介顧客であれば下手な対応はできませんので、その点においては顧客にとって多少の利点はあるでしょう。

 

ですが逆に言えば、不動産屋が紹介する引っ越し業者が特別に安い訳でもありません。

むしろきちんと複数社で相見積もりを取ればその方が安くなるケースが多いように思います。

そのため不動産屋が紹介する引っ越し業者かどうかに関わらず、引っ越しをする際には複数社の見積もりを取って自分のとってベストな条件を提示してくれる引っ越し業者を選ぶのが良いでしょう。

答えとしては、不動産屋が紹介する引っ越し業者が特別に割高とも思いませんが、逆に不動産屋が紹介する引っ越し業者を利用したいと思うような大きなメリットも見当たりません。

 

不動産屋で紹介された引っ越し業者を利用するデメリットは?

料金面においては不動産屋さんで紹介する引っ越し業者を利用しても、相場並みか若干高めといった所が多いように思います。

つまり特別安くも無ければ、相場以上に特別に高くもないといった引っ越し業者が多いでしょう。

 

料金面以外にデメリットを挙げるとすれば、大手の不動産会社やFC系の不動産会社では、やはり大手の引っ越し業者と提携しているケースが多いように思います。

そのため例えばその不動産会社が複数の引っ越し業者との提携があったとしても、そのサービス内容に大差がなかったり、料金面でも変わらないといった場合もあるかもしれません。

それであればやはり自分で相見積もりを取るなりした方が、自分に合った引っ越し業者が見つかりやすいでしょう。

 

また不動産会社を通して引っ越し業者を依頼すると、紹介ということもありその後に相見積もりが取りにくくなるといったデメリットもあります。

引っ越し料金を安くするコツはやはり相見積もりなので、他社との比較がしにくくなるのは難点と言えます。

 

またこれは不動産業者によってまちまちですが、借主さんの情報が契約成立前に引っ越し業者にすぐに流れてしまう場合もあります。

本来であれば借主さんが入居を決めて契約が成立し、その不動産屋に紹介された引っ越し業者を利用すると決めた後、借主の承諾を得た上で引っ越し業者に情報を流すのが常識的かと思いますが、その前の段階で既に引っ越し業者に情報が漏れているケースというのもあります。

このような行為は顧客も不信感を抱いてしまいますしお互いにとっても良い事ではないと思いますが、残念ながらこのような風潮が一部の業者ではあるのは確かかと思います。

スポンサーリンク

割引は不動産屋からの紹介業者に限らない

確かに不動産屋さんが紹介する引っ越し業者を使うと優待や割引を受けられるケースもありますが、それは不動産屋を通して引っ越し業者を利用した場合に限りません。

つまり不動産屋さんを通さなくても引っ越し業者各社は割引をしてくれる所が多いという事です。

また引っ越し料金というのは交渉次第で意外と簡単に料金が下がったりします。

 

引っ越し料金を安くするコツとしては、これはあまり気持ちの良い交渉方法とは言えないかもしれませんが、例えば「A社で3万円だったんですけど、そちらではもう少し安くなりませんか?」「実はいま他社と迷っていて…」のように会社間で競争させるように交渉していくと、最終的には数万円単位で安くなる場合もあります。

特に、最初から自分が契約したい引っ越し業者のめぼしが付いているのであれば、その業者に連絡するのは最後にし、他社で何社か見積もりを取って交渉材料を幾つか用意してから交渉するのが良いでしょう。

 

また交渉している途中で、引っ越し業者によっては「即決」「訪問見積もり」をしつこく迫ってくる業者もいますが、特にその話には乗る必要はありません。

あくまで相見積もりが終了し自分なりに相場感を掴めた後で、どの業者を選択するかじっくりと検討するのが良いでしょう。

 

部屋探しは引っ越しの何日前から始める?

 

それでは部屋探しは引っ越しの何日前くらいから始めるのが良いでしょうか。

部屋探しといってもお部屋の内見・申し込み・審査・契約手続き・引っ越しと一連の作業がある事から、あまりモタモタとはしていられません。

また引っ越しが不慣れな方は、お部屋探しに慣れたり相場感を掴むためにも、できるだけ余裕をもってお部屋探しを始めることをお勧めします。

たくさんのお部屋を見ていくと物件の善し悪しなどに眼が慣れていきますし、家賃等の相場感も養えます。

 

そのため不動産会社に足を運んで物件を絞り込む時期を含めると、引越し日の1.5~2カ月前くらいから動き出す必要があるように思います。

あまりにギリギリになって動き始めると、自分の希望の物件を逃してしまったり、選択ミスをしてしまう事もあります。

物件を探す時には時間的な余裕をもって始めるようにしたいですね。

 

不動産屋で紹介された引っ越し業者まとめ

不動産屋で紹介された引っ越し業者について幾つか挙げてみました。

率直に言えば、特別に不動産屋さんが紹介する引っ越し業者が悪いとは思えませんが、とは言え積極的にその引っ越し業者を利用したい理由が見つかりにくいのも事実です。

やはり引っ越し業者の選び方で大切なのは相見積もりを取る事であり、物件選びにも引っ越し業者選びにも、十分な時間の余裕をもって取り組むことが大切だと思います。

後で後悔をしないように、自分に合った物件や引っ越し業者を選びたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【チャットでお部屋探しができる】 イエプラ


第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸


第3位【大手有名店の安心感】 アパマンショップ