不動産屋へ菓子折りは必要?

今回は不動産屋への菓子折りについて書いてみようと思います。

賃貸の契約時・更新時など時々菓子折りを持って不動産屋へお礼に来られるお客さんがいます。

とても低姿勢な方や丁寧なお客さんが多いのですがこの菓子折り、本当に必要なのでしょうか。

契約時に「これから宜しくお願いします」という意味合いで菓子折りを持ってくるというのはまだわかるのですが、更新時に2年毎に毎回菓子折りを持ってくる人もいます。

また以前にいたのが、こちらが物件案内を4件ほどしたのですが気に入った物件がなかったようで、どの物件も契約せず帰宅したお客さんがいました。

スポンサーリンク

そのお客さんは後日に「先日は何件も案内してもらったのに物件が決まらずすみません。。」という感じで菓子折りを持ってきました。

不動産屋としては仕事で案内していますしはっきり言って4~5組物件案内してやっと1組契約取れるかどうかという感じですので日常茶飯事の事です。

また不動産屋は契約してもらえば仲介手数料や大家さんからの広告料・管理委託料も受け取れますし、物件のメンテや保守料金が発生する場合もあります。

他にも各業者からリベートを受け取れることもありますので、お気持ちは嬉しいですが特に菓子折りを用意して頂く必要はありません。

 

また契約をした不動産屋が管理会社ならまだしも、仲介会社の場合は契約したらそれ以降会う事はほとんどありませんので無駄な菓子折りになってしまう可能性もあります。

菓子折りあげるとしたらどちらかと言えば大家さんですかね。

大家さん所有の家に住む訳ですし今後お世話になるのは契約当事者である大家さんです。

もちろん菓子折り1つで今後の対応が変わる事は考えずらいですが、何かあった時に多少の融通がきく可能性はあるかもしれません。

 

また別に手土産を用意するのであれば、ご近所にもご挨拶に行きましょう。

引っ越し時には向こう三軒両隣には挨拶に行ったほうが良いですね。

手土産としては高価なものではなく、タオルや洗剤・お菓子など500~1000円程度のもので構いません。

特にマンションだけではなく戸建ての場合も挨拶は行かれたほうが良いかと思います。

自治会でお世話になる事やご近所付き合いは大切ですのでご挨拶はしておいて損はないでしょう。

 

もちろん菓子折りをもらえれば不動産屋としても良いお客さんだなとは思いますが、それによって今後の対応が変わったり紹介する物件が変わったりという事はありませんので、無理をしてまで菓子折りを持参はしなくても大丈夫だと思います。

もっと正直いってしまえば今みたいな繁忙期に菓子折り持ってきてもらっても、忙し過ぎてすぐに忘れてしまう営業マンも多いかと思います。

ぜひその菓子折り分のお金はご自身に有効に投資して頂ければと思います。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸