賃貸の一戸建てのメリット・デメリットや注意点まとめ

今回は賃貸の一戸建てのポイントについて幾つか挙げてみたいと思います。

賃貸派の方の中にはアパートやマンションに住んでいる方が多いかと思いますが、一戸建て物件も意外と人気が高いんです。

特に住居に関して自由度を求める人や、静かに暮らしたい人・中高年者などにも一戸建ての需要が高い気がします。

一戸建てにはマンションやアパートには見られないメリットやデメリットがたくさんあり、また住む上での注意点も幾つか存在します。

今回はそんな一戸建てについて触れてみます。

スポンサーリンク

賃貸の一戸建てのメリット・デメリット

まずは賃貸の一戸建てのメリット・デメリットについて幾つか挙げてみます。

 

メリット

騒音を気にしなくて良い

昨今ではマンションやアパートで近隣問題が生じる事も多くなってきました。

様々な原因がありますが、やはり壁一枚で部屋が繋がっている集合住宅では近隣問題が起こりやすいと言えます。

その点でも賃貸の一戸建てであればさほど騒音を気にしなくても良いですし、例え小さなお子さんがいてもそんなに気にする必要はありません。


 庭が使える

賃貸の一戸建ての場合には庭が付いている場合も多くあります。

マンション等の場合には管理会社が管理しており住民が自由に使えることは少ないですが、賃貸の一戸建ての場合には庭を自由に使えることが多いです。

中にはガーデニング等を楽しむ人も。

ですが定期的に草むしりが必要など、メンテが必要なこともあります。


 買い物など、行き来がラク

マンション等の場合にはエレベーターの上り下りや階段の行き来がありますが、賃貸の一戸建ての場合には入口がすぐ目の前です。

そのため高齢者などでも行き来がラクというメリットがあります。

大荷物の時なども入口がすぐの方が助かりますよね。


 引っ越しがラク

引っ越しをする時でもやはり入口が目の前にある一戸建ての方が圧倒的にラクです。

入居するにしても退去するにしてもやはり一戸建ての方が上り下りがない分、荷物を持って行き来しなくて良いのでメリットと言えます。


 ご近所付き合いができる

最近ではマンション等では近隣とのコミュニケーションが希薄になった、なんて声も聞かれますが、賃貸の一戸建ての場合には隣人とのコミュニケーションが生まれやすいという点もあります。

近所付き合いが苦手な方にはデメリットにもなるのかもしれませんが、普段の隣人との会話がちょっとした息抜きになっているという人もいます。


 ペットが飼える

賃貸の一戸建ての場合、あくまで契約内容にもよりますが、集合住宅と比較するとペットOKの物件が多いのは確かです。

犬や猫などペットを飼う人は一戸建てを選ぶ人も多くいます。


 駐車場が付いている場合も

賃貸の一戸建てであっても駐車場が付いているケースが多くあります。

地方でマイカー必須のエリアや、通勤で車を使用している人にとっては便利ですね。


 部屋や収納が広い

マンション等の集合住宅と比較しても、賃貸でも一戸建ての場合には部屋が広かったり収納が多かったりする場合が多いです。

やはり一戸建ての場合には始めから家族世帯が入居する事を想定しているので、部屋や収納が広めのケースが多くなります。

 

 

デメリット

家賃が割高になることも

一戸建ての場合、集合住宅と比較するとどうしても家賃が割高になってしまう傾向があります。

やはり面積が大きい事や物件数自体が少ない事などが原因として挙げられますが、一戸建てに住みたくても家賃が高くて住めないという人もいます。


 物件の選択肢が少ない

集合住宅と比較すると、やはり一戸建ての供給数は圧倒的に少な目です。

そのため自分の希望の外観や間取りの物件がなかったり、駅から遠い物件を選ぶハメになったりと選択肢が少ないことはデメリットと言えます。


 築年数が古いことも

賃貸の一戸建ての中には、築40~50年を超えているような築古の物件も多いです。

そのため住み心地や耐震性などに不安が残る物件もあります。


冬寒い

築年数が古い物件だと気密性が低い部屋も多いため隙間風が入ってきて、冬場は寒いことも多くあります。

ストーブやエアコンなどの家電でカバーする事が多くなるでしょう。


 セキュリティの甘さ

マンション等であれば管理人がいたりオートロックであったりと、セキュリティに配慮されている物件も多いものですが、賃貸の一戸建てには築年数が古い物件も多く、セキュリティ面に不安が残る物件があります。


 町内会に入る

これもエリアにもよりますが、賃貸の一戸建てに住むと大抵は自治会・町内会への加入を勧められます。

自治会費としては毎月数百円程度なので大きな出費にはなりませんが、その他にも募金を求められたり定期的に当番(会計係など)をする事もあります。


 庭の手入れ

ガーデニング等が楽しめるのは賃貸の一戸建てのメリットとも言えますが、定期的な手入れが必要なことはデメリットとも言えます。

特に夏場などは雑草は生い茂るので草むしりや除草剤をまいたりと、庭の管理も大変です。

スポンサーリンク

賃貸の一戸建ての注意点・Q&A

 

Q:入居時にはご近所に挨拶に行く?

A:多くの人はご近所に挨拶に行っています。

一戸建ての場合には向こう三軒隣りまでが挨拶をする範囲となる事が一般的です。

挨拶はできれば引っ越しの数日前に行うのが良いでしょう。

1000円前後の手土産をもってご近所と大家さんに挨拶に行きます。


Q:雨漏りがすることはある?

A:賃貸の一戸建ての場合、物件によっては雨漏りする事があります。

特に前述したように築年が古い物件も多いのでそのような物件は特にです。

また雨漏りの場合には屋根からの雨漏りをイメージする人も多いかと思いますが、外壁から漏れてくる場合もありその場合には外壁が劣化しています。

とは言っても大抵は大家さんがすぐに修復手配をしてくれると思いますので過度な心配は要らないでしょう。


Q:一戸建ての浄化槽って?

A:浄化槽とは簡単に言えば生活の中で発生する汚れた水を、きれいな水にして川などに流すための装置です。

特に下水道管が引かれていない地域では浄化槽が設置されています。

保守点検や清掃費用が借主負担とされているケースも多いので、賃貸の戸建てに住む場合にはあらかじめ確認しておきましょう。


Q:ねずみが出る?

A:一戸建てだからねずみが出る訳ではありませんが、マンション等と比較するとネズミにとっても住みやすく巣作りがしやすいという事は言えるのかもしれません。

私も以前に賃貸の一戸建てに住んでいましたが、頻繁に屋根裏でガタガタ音がしていました。

退去日になって初めてそのネズミが部屋に出てきて顔を合わせましたが、意外に大きかったです。

衛生上良くないので速やかに駆除した方が良いですね。


Q:一戸建ての防犯対策は?

A:賃貸の一戸建ての場合、どうしても防犯面が甘くなりがちです。

鍵や防犯カメラ・送信機等の防犯ツールを使用する方法もありますが、それ以上に普段からの防犯意識が大切です。

特にどろぼうは下見をしてから侵入するケースが多いので、うっかり無施錠にしてしまったり戸をあけっぱなしにする等には要注意です。

また一戸建ての場合にはご近所との普段からの付き合いも防犯に繋がります。


Q:賃貸の一戸建ての電気代は高い?

A:電気代など光熱費が上がる可能性はあります。

特に一戸建ての物件によっては夏や冬にエアコンをつけっぱなしだったり、家族世帯を想定して電気の使用量なども初めから大きく設定されている事も多いので集合住宅と比較すると電気代などが多少上がることはあります。

アンペア数を見直したり節約に励むなどの努力をしている人もいます。


Q:独身でも住める?

A:賃貸の一戸建ては独身でも住めます。

私も昔若いころに独身で賃貸の古い平屋戸建てに住んでいました。

入居審査も年収条件や保証人条件が整えば独身でも問題なくパスできます。

ただ周囲の家はお年寄りばかりだったので、あえて築50年の古屋を選んだ私は、少し変わり者のような目で見られていたかもしれません。苦笑


Q:楽器演奏はできる?

A:集合住宅よりは楽器演奏の縛りは少ないと言えます。

マンション等では規約によって楽器の種類が決められていたり演奏可能時間帯が決められているケースも多いですが、賃貸の一戸建ての場合にはそのような厳密なルールまで定められている事は少ないと思います。

ですが一戸建てであっても楽器の演奏は一般的には周囲の住人に騒音の迷惑が及びそうなことと考えられる事から、入居時にどの程度まで許可されるか大家さんや不動産業者に確認しておく必要があります。


Q:シロアリやゴキブリは出る?

A:確かに一戸建てはシロアリの侵入ルートである地面に面していて床下から侵入するケースも多いので、シロアリが発生する可能性はゼロとは言えません。

大家さんに言えば駆除してくれるケースが多いかと思いますが、シロアリ予防については「住人の任意」になりますので家主が費用を負担しなくても良い場合があります。

ゴキブリは普段から水やエサがあり、暖かくて暗く湿気が多いところを好みます。

餌となるような食べ物を放置しておいたり不衛生にしておかないように気を付けたいですね。

 

まとめ:一度住んだら離れられない戸建ての魅力

あくまで私の経験上の話になりますが、戸建てに入居した方はその家を退去しても、また他の戸建て賃貸に住むケースが多いです。

それだけ戸建ての賃貸はラクですし、一度戸建てに住み慣れてしまうと集合住宅に住むのが少し面倒に感じます。苦笑

住居に求めるものは人それぞれで、人によっては外観や設備・立地・家賃など優先順位は異なるかと思いますが、最終的には「住み心地」に落ち着く人が多いように思いますし、また年を取ってくると尚更その傾向が強くなります。

今マンションやアパートに住んでいて住みにくさを感じている人がいたら、戸建て賃貸を検討候補に入れてみるのも良いのではないかなと思います。

集合住宅では感じられなかった解放感や落ち着きを体感する事ができるかもしれませんね。

今回は賃貸の戸建てのメリット・デメリットについて挙げてみました。

スポンサーリンク