ペット不可なのに大家だけがペットを飼っているって?

今回はペット不可の建物で大家さんだけがペットを飼っている場合について挙げてみたいと思います。

通常であれば、ペット不可のマンションであれば当然に借主さんはペットを飼う事はできません。

たまにこっそりと黙ってペットを飼っている人もいますが、最悪の場合には契約解除に繋がる可能性もあるので、やるべきではありません。

ですがもしペット不可なのに大家さんだけがペットを飼っている場合はどうでしょうか。

借主さんとしては納得がいかないと思う人も多い事でしょう。

スポンサーリンク

ペット禁止でも大家はペットを飼える?

多くのアパートやマンションではペット不可になっている場合が多いと思いますが、このような賃貸借契約では以下のようなペット禁止特約が付されている事が通常かと思います。

「賃借家屋内において、犬、猫等の動物類を飼育してはならない。これに違反した場合、賃貸人は賃貸借契約を解除する。」

見ての通り、建物内でペットを飼育する事を禁止しており、これに違反した場合には契約解除に繋がる可能性もあります。

これを見ると借主さんによっては、建物内全てでペット飼育が禁止されており、大家さんも含めてペットが全面禁止とされている建物のように感じる人もいるのかもしれません。

 

ですが結論としては、このような特約が付されていたとしても、大家さん自身がペットを飼うことまで禁止となっている訳ではありません。

この特約は大家さんが借家人である借主さんに対してペット飼育を禁止した特約であり、大家さんがペットを飼うことまで制限したものではないのです。

借主さんとしては納得がいかないかもしれませんが、実際にこのようなケースはゼロではないため、どうしてもペット不可の物件を探すのであれば、内見時などにその点もよく確認をしておく必要があります。

 

また現実的にはペット不可のマンションであれば、大家さんだけがペットを飼育している事実を借主さんが知らなかった場合、当然に入居後に借主さんから苦情が入ることも想定される事から、借主さんが入居する際には大家さん・不動産業者があらかじめ大家さんがペット飼育をしている事を説明しておくべきかと思います。

 

ペット不可物件で飼育がバレたら退去させられる?

確かに上記のようにペット禁止の特約が付されている場合には、契約解除とされる可能性があります。

ですがペット飼育の場合には無催告の契約解除は難しく、あくまで貸主と借主の信頼関係が破壊されたとみなされる程の理由が求められます。

 

例えばペット飼育をしていたとしても大家の注意・指導にすぐに従って飼育を中断したような場合には契約解除は認められにくいでしょうし、ペットとは言ってもハムスターや小鳥・熱帯魚などの小動物を飼っていた場合であれば、契約解除事由にまで至らない可能性もあります。

一言にペットと言っても様々なペットが存在しますし、そのペットの飼育によって物件の状態がどのようになっているのか・近隣住民への迷惑・影響の程度はどのくらいかといった事など、総合的に判断されます。

 

そのためペットを飼っていたからと言ってすぐに契約解除されるという事ではなく、ペット飼育のケースによっては契約解除事由となりうるという事が言えるでしょう。

 

ペット禁止特約って本当に有効なの?

それではそもそもこのペット禁止の特約自体は有効なのでしょうか。

確かにこのようなペット禁止特約は、「借地借家法に反しており賃借人に不利なものとして無効」という見方も一部ではあると思います。

ただし、過去の判例においてもペット禁止の特約が有効と認められている事や、ペットの悪臭や鳴き声から他の借主さんを保護したり、ペット飼育により建物が汚損される等のトラブルを防ぐという意味合いもあるため、ペット禁止特約は有効と考えておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ペットはどこまでOK?

最近ではペットOKとしている物件も増えていますし、以前と同じくペット不可の物件もまだまだたくさんあります。

ですが借主さんとしては、「どこからどこまでがペットなの?」と疑問に思う人もいるかと思います。

 

ですが残念ながらこれに関しては明確な答えはありません。はっきり言ってしまえば貸主側(大家さん)次第といった所も多いです。

例えばペット不可だったとしてもカメや小鳥くらいであればOKを出してくれる家主さんもいますし、飼育しているのを知っていて黙認している家主さんもいます。

 

またペット飼育OKの物件だったとしても、100%どのようなペットでも許可されるとは限りません。

「ペット可」と記載されていても、実際には小型犬のみOKといった物件もあります。

ペットを飼育する場合、通常はあらかじめ大家さんや管理会社に飼育申請をし、ペットの数や種類・大きさ・予防接種の有無などを伝え、飼育OKかどうかを判断してもらいます。

 

またペットによっては敷金を上乗せする必要がある場合もあるでしょう。

このように物件や大家さんの考え方によって判断基準は異なる可能性がありますので、気にいった物件があれば最初に確認をしておくようにしましょう。

 

ペット不可物件でも交渉はできる?

書類

ペット不可であれば基本的にはペット飼育が禁止されているので、ペットを飼うべきではありません。

もしあらかじめペットを飼うことが決まっているのであれば、やはりペット可の物件を選択するべきでしょう。

大家さんの気持ちとしては、ペットをきちんと飼育できる人かどうか・近隣住民に迷惑はかからないか・部屋が汚損されるのではないか・建物内での事故(噛まれた等)が起こらないか、の心配をする事が多いです。

 

そのためペットの種類等によっては、例えば敷金を上乗せしたり、家賃の増額・飼育ルールを守ること等を条件に、ペットの飼育を許可してもらったというケースもあります。

特に築古物件や小規模物件・個人オーナーの物件であればそのような要望を聞いてくれる可能性もあるのかもしれません。

 

ですが一方で考慮しておきたい事は、周囲の住民からすれば、「ペット不可と聞いていたからこのマンションに住んでいる」という人も中にはいるという事です。

逆の立場で考えれば、動物が苦手であったり、過去に動物トラブルに遭ったためにその物件に引っ越してきたという人もいるかもしれません。

そのためペットを飼育する際には近隣への影響を十分に考慮すべきですし、もしペットを飼育する事があらかじめ分かっているのであれば、やはりペット可の物件を優先的に探すことから始めた方が良いでしょう。

 

ペット不可なのに大家だけが飼っているケースまとめ

ペット不可なのに大家さんだけがペットを飼っているケースについて挙げてみました。

個人的には私も動物大好き人間なので、ペット飼育可の物件がもっと増えれば良いなと思っていますが…こればかりはもう少し時間がかかりそうです。

最近では物件数が余っている事や、客付けが難しい人気薄の物件がペット不可→ペット可に変更する傾向もありますが、ペット飼育者からすればまだまだ希望通りのペット可物件は少ないというのが本音ではないでしょうか。

ペットを飼育する際には近隣への影響も考えて、入居ルールを守って飼育をするようにしたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸