実家と一人暮らしのストレスを比較!ストレス解消法も紹介

今回は実家と一人暮らしのストレスについて挙げてみたいと思います。

家にいる時でもストレスが溜まる時ってありますね。

実家に住んでいる人は「いつか一人暮らしがしてみたい」と考えている人も多いと思いますが、逆に一人暮らしをしている人にとっては実家暮らしが羨ましく感じる事もあります。

生きている以上は多少のストレスがかかる事は仕方のない事なのかもしれませんが、それでも実家暮らしと一人暮らしではストレスの種類が変わってくるものです。

今回はそんな実家暮らしと一人暮らしのストレスについて触れてみます。

スポンサーリンク

実家と一人暮らしのストレスの違い

それでは実家と一人暮らしのストレスとなる原因や理由にはどのようなものがあるでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

実家のストレス

 

親が口うるさい(干渉)

実家にいると親が干渉してくる事はよくあります。

将来はどうするのか・何時に帰宅する?食事は?と様々な事に干渉される事もあります。

一人暮らしをしている人からすれば、それらは助言として有難いと感じることもあるのですが、実家暮らしに慣れてしまっている人にとっては過干渉と感じてストレスになることもあるようです。

 

将来への不安

実家暮らしをしていると、食費や家賃を出す必要もありませんし、生活用品もすべて揃っています。

中には実家暮らしの人の中にはフリーターやアルバイト・ニートから抜け出せないという人も少なくありません。

将来への不安がストレスに繋がる事も多いようです。

 

親離れ・子離れできない

実家暮らしが長くなると親離れ・子離れができなくなる家庭もあります。

中には30代~40代になってもまだ親が子を一人暮らしさせたくないといったケースや、親元を離れたくないという人もいます。

自分は一人暮らしをしたいのに親がさせてくれない等のジレンマで、ストレスを感じることもあります。

 

食事のストレス(家族間で食べたい物が異なる)

実家に住んでいると親や兄弟間でも好きなものは異なります。

大抵の家庭では家族みんなが同じ食事を食べるので、自分が好きなものを食べれるとは限りません。

特に気分的に食べたくないものや、嫌いな食事だとストレスに感じることもあります。

 

生活時間帯の違い

実家暮らしをしていると生活時間帯も違います。

一般的には親など高齢になるほど早寝早起きになっていきます。

そのため生活リズムやバランスが崩れてストレスを感じることもあるでしょう。

 

肩身が狭くなる

実家暮らしをしていてある年齢になると家の中で肩身が狭くなってくる事があります。

仕事がうまくいかない・結婚はどうするのか・将来への考え方は?など親の目が気になってストレスに感じてくることもあります。

 

一人暮らしの友人と金銭感覚が違う

例えば一人暮らしをしている友人がいると、実家暮らしの人とは金銭感覚が異なることがあります。

やはり一人暮らしをしている人は100円単位まで金銭感覚にシビアな人もおり、実家暮らしであまり不自由のない生活をしていると価値観や金銭感覚にギャップが生じる事もあります。

 

一人でゆっくりできない

肩身が狭くなる理由と少し似ていますが、実家暮らしをしていると一人でゆっくりしていられない事があります。

特に親が干渉してきたり、自分の部屋がない場合だと、リラックスできる時間を確保しにくい事からストレスを感じる事もあります。

 

外出時間に制限がある

実家暮らしだと夜には親はすでに寝ている事が多いので、夜遅くに帰宅することが難しくなります。

またあまりにも深夜の帰宅だと親に心配をかけてしまう事にもなるので、外出時間に制限が出てきます。

 

友人や恋人を招きづらい

実家暮らしだと親や兄弟がいるので友人や恋人を招きづらくなります。

一人暮らしであれば誰を招こうが自由ですが、実家暮らしとなると人を招くにも気を遣いストレスに感じる事があります。

 

逆に家族に強くあたってしまうことも

実家暮らしをしていると周りには親や兄弟がいます。

文句を言える相手がいるという事はある意味では有難いことなのですが、何かの拍子に逆に家族に強くあたってしまう事もあり、そんな自分にストレスを感じてしまう事もあるでしょう。


 

一人暮らしのストレス

 

お金の苦労

一人暮らしをしていると当然に自分で生計を立てていかなくてはなりません。

家賃や食費・光熱費・消耗品などすべて自分持ちとなるため、お金の悩みから解放されずにストレスを感じます。

 

孤独感

一人暮らしをしていると孤独感を感じることがあります。

特に今まで長く実家暮らしをしていた人が突然一人暮らしを始めると、ホームシックにかかる人もいるようです。

また集合住宅よりも戸建てに暮らす人のほうが孤独感を感じる人が多いようにも思います。

 

不規則な生活

一人暮らしをしていると生活が不規則になってしまう事もあります。

深夜遅くまで起きていたり食事が不規則になったりと、体調のバランスが狂ってしまったり自暴自棄になってしまう事も。

不規則な生活を続けているとストレスを感じやすくなる事があります。

 

騒音トラブル

集合住宅であれば騒音トラブルはよく起こります。

実家暮らしでも騒音トラブルはあるのでは?と思う方もいるかと思いますが、文句を言い合える人が周囲にいたり相談できる人がいるのといないのとではストレス度合いも違ってくると思います。

特に一人暮らしに多いアパートやマンション等ではこのような問題に悩まされることがあります。

 

うつ病になった

一人暮らしをし始めたことがきっかけで、うつ病気味になってしまったという人もいるようです。

日常生活の中の様々なストレスにより自分の気分が落ち込み、積極的に行動できず鬱状態が続くことがあります。

その結果仕事なども上手くいかず、余計にストレスが増大してしまう事もあるようです。

 

環境の変化

一人暮らしを始めると周囲の環境がガラッと異なります。

住む家が変わることはもちろん、近隣に住む人は変わりますし、仕事を始めたとなると職場での付き合いも多くなります。

また生活環境も実家暮らしの頃とは異なることも多いでしょう。

環境適応力の低い人だと、突然の環境の変化にストレスを感じることがあると思います。

 

責任・プレッシャー

一人暮らしを始めると、自分の行動や言動に責任を持たなければいけないケースが増えていきます。

毎月の家賃の支払い・仕事・近隣との付き合い・火の元の始末などキリがありませんが、今まで親がやってくれていた事をすべて自分でやらなくてはなりません。

このプレッシャーが自分の成長に繋がる部分でもあるのですが、一人暮らしを始めたばかりの頃はストレス要因となる事もあるようです。

 

仕事・作業が増える

一人暮らしを始めると、実家暮らしをしていた時と比較しても、仕事量や作業量が増えます。

普段の会社での仕事だけでなく、家での掃除・洗濯・料理などすべて自分でこなさなければなりません。

慣れないうちは忙しすぎて自分のプライベート時間を確保することができず、余計にイライラしてストレスを感じることもあるでしょう。

スポンサーリンク

一人暮らし・実家暮らしのストレス解消法とは

それでは一人暮らしや実家暮らしをする人のストレス解消法にはどのようなものがあるでしょうか。

一般的に考えられる事を幾つか挙げてみます。

  • 深呼吸をする
  • 会話をする
  • 好きなものを食べる
  • 趣味に没頭する
  • 感動する映画・ドラマを観る
  • 料理を作る
  • 買い物をする
  • ストレスを紙に書きだす
  • 家を掃除する
  • スマホいじり
  • コーヒー・紅茶を飲む(カフェイン)
  • 銭湯に行ってみる
  • ツボを刺激する
  • お酒を少量飲む
  • トイレで排泄する
  • 睡眠をとる
  • ガムを噛む
  • 知らない土地へ行く(旅行)
  • スポーツをして汗を流す
  • 観葉植物を置いてみる
  • 何もしない(ボーっとする)

 

この他にも人によってたくさんストレス解消法があると思います。

日々の制約から解放されて、自分らしくリラックスできるストレス解消法を見つけておくと良いですね。

 

一人暮らしでストレスのない部屋・間取りとは

賃貸で暮らす場合、周囲の環境から整えていくことも大切です。

それではストレスを感じにくい部屋にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

部屋が広い(解放感がある)

単純に狭い部屋よりは、解放感のある広い間取りの方がストレスを感じにくい傾向があります。

家賃との兼ね合いもありますが、窮屈でない程度の余裕のある間取りを選びたい所です。


 日当たりが良い

日光を浴びることは気持ちが良いものですし、日当たりが悪い部屋だと体内時計が狂うこともあります。

そのような状態が続くと不眠症や睡眠障害に繋がる可能性もあります。


 コンセントの位置

コンセントの位置が悪く、好きな場所に家電等が置けないとイライラする事があります。

内見時にはコンセントの位置をしっかりと確認しておく事が大切です。


 建物のグレード

建物のグレードが高かったり家賃が高めの所では、ある程度良識がある人が住んでいるケースが多いです。

低家賃の物件が悪い訳ではありませんが、どのような人が周囲に住んでいるのかも大切なポイントです。


 収納が多い部屋

部屋が汚かったり片付けが苦手な人はストレスを溜めてしまう事があります。

片付けが苦手な人でも収納が多い部屋を選んでおいた方が後々にも便利です。


 リビングとトイレが離れている

リビングとトイレが直結している部屋もありますが、臭いでストレスを感じることもあります。

トイレは掃除していてもどうしても臭ってしまう事がありますので、できるだけリビングと離れている物件が良いでしょう。


 部屋の動線

部屋の中で行動しにくい間取りはストレスに感じるシーンが多くなります。

自分の生活イメージの中で、動きやすい動線や間取りの物件を選びましょう。


 キッチンが広い

キッチンが狭すぎたり家事をしにくい場所ではストレスが溜まります。

特に普段から料理をよくする人はキッチンが広めの物件を選んだ方が良いでしょう。


 天井が高い

天井が高い物件は解放感があります。

家賃が高めの物件も多いですが、余裕があれば天井の高さも気にしましょう。


 バルコニーが広い

一人暮らしであっても洗濯物は溜まります。

特に洗濯物が多いと干しにくい場合にはストレスが溜まるので、洗濯物や布団が干しやすい広めのバルコニーの物件を選びたい所です。


 駅から離れた立地

普段から都会や職場で仕事をしている人が、住居まで騒がしいエリアに住んでいるとリラックスできる空間がありません。

できれば駅から少し離れた土地など、落ち着ける空間やエリアを選択しましょう。


 防音対策が施されている

集合住宅に住んでいる限り、騒音問題に悩まされてストレスを抱えるケースは多くあります。

できれば分譲タイプのマンションや防音対策が施されている建物を選んだ方が良いでしょう。

 

大学生の一人暮らし・実家暮らしはストレスが多い?

「ストレスは社会人になってから多く感じるもの」と考えている方もいるかもしれませんが、大学生などの学生さんも一人暮らしや実家暮らしで多くのストレスを感じています。

大学生が感じやすい実家暮らし・一人暮らしのストレスにはどのような事があるでしょうか。

 

大学生の実家暮らしのストレス

  • 親が細かいことに干渉してくる
  • 帰宅時間・夕食時間などが決められる
  • 自宅に友人・恋人を呼びにくい
  • 通学がきつい(満員電車など)
  • 落ち着いて勉強できない
  • 将来の事について口を挟まれる
  • 一人前として認めてくれない

 

大学生の一人暮らしのストレス

  • 生活費がギリギリ
  • アルバイトしなければならない事も
  • ホームシック
  • 家で喋る相手がいない
  • 家事・料理を作るのが面倒
  • 生活マナーを覚える必要(ゴミ出しルール・近所付き合い等)

 

大学生と言えば思春期も終わり、青年期~成人になる気持ちが敏感になりやすい時期でもあると思います。

そのため生活の中のちょっとした事がストレスに感じる事もあるでしょう。

年齢を重ねてから親の気持ちが分かるようになったり、実家を離れてみてから生活をしていく大変さが身に染みて感じる事も多々あります。

 

確かに一人暮らしは実家暮らしと比較しても自由度の高い生活になりますが、その分個人への責任お金のやりくりが大変に感じる事もあるかと思います。

ですがどのような環境であっても時間が経てば少しずつ慣れていけるものですし、一人で生活をやりくりをする経験は将来にも大きな糧となります。

自分なりのストレス解消法を考えて快適な生活をしていきたいですね。

 

新社会人の一人暮らしのストレスは?

大学生などだけでなく、新社会人の一人暮らしにもストレスが多いと聞きます。

新社会人が一人暮らしを始めた際には、以下のようなストレスを抱えてしまうケースが多いです。

 

新社会人のストレス

  • 入社したが会社に馴染めない
  • 帰宅しても相談相手がいない
  • 帰宅後の家事・料理が面倒
  • 上司や同僚との人間関係が上手くいかない
  • このまま家賃を支払っていけるかどうか
  • 朝起きられない
  • 今後どのように生きていくかの葛藤 etc…

 

特に今までアルバイト等の経験がなかった新社会人にとっては、社会に出るという事が苦痛に感じストレスになる事もあります。

また若年者の中には両親に怒られた経験があまり無かったり、上下関係の厳しさを体験した事のない人もいるため、ストレス耐性のない新社会人が一人暮らしを始めると不安や悩みを感じやすくなります。

そのため新社会人が一人暮らしを始める際には、自分なりの気分転換モチベーションキープの方法を考えておくと良いでしょう。

 

実家と一人暮らしのストレスと解消法まとめ

実家と一人暮らしのストレスと解消法について挙げてみました。

生活をしている限りは全てのストレスから解放される事は難しいものですが、普段の気遣いによってはストレスを軽減することは出来ます。

またストレスを放置していると病気等に繋がるケースもあり得ます。

自分なりのストレス解消法を考えて、無理のない実家暮らし・一人暮らしをしていきたいものですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸