不動産屋でアンケートを最初に書かされる理由?

今回は不動産屋のアンケートについて挙げてみたいと思います。

不動産屋さんに訪問するとまずアンケート用紙・もしくは受付カードの記入を求められる事も多いかと思います。

お客さんとしてはいきなりアンケートの記入を要求されると少し驚く人もいるかもしれません。

ですが多くの不動産屋の入口ではアンケート用紙が配置されているのが普通です。

スポンサーリンク

不動産屋のアンケートへの抵抗感

不動産屋へ来店したとすると、まずアンケート用紙への記入を求められます。

多くのお客さんは多少の抵抗感を示す人もいるかと思います。

特に個人情報管理に意識が向いている昨今では、自分の名前や住所さえ記入することに慎重になる人も多いものです。

 

またお客さんからすれば、まずアンケート用紙を記入する意味合いが分からないという事もあるのでしょう。

「部屋を紹介してもらい内見をするだけなのに、なぜ自分の情報を提供する必要があるのだろうか?情報を提供するとしても部屋が決まってから申し込み時に提供すれば良いのでは…?」そう感じる人もいるのかもしれません。

 

売買なんかだと、例えば住宅展示場でアンケートを記入したりすると、その後に物件資料や広告が大量に届いたという経験を持つ人や、賃貸の申し込み後に頼んでもいないのに引っ越し業者から連絡が来たという経験を持つ人もいたりして、「自分のアンケート情報はどこかで売り買いされているのでは?」と不安に感じてしまう人もいるのかもしれません。

 

そのためお客さんの中にはアンケートをフル記入せず、名前や住所・メールアドレス程度しか記入せず、そのままアンケートを提出するお客さんも多い事かと思います。

 

不動産屋のアンケートの記入項目は?

それでは不動産屋さんのアンケートの記入項目はどのような事があるのでしょうか。

不動産屋さんによって項目は異なるので一概には言えませんが、以下のような項目があるかと思います。

 

来店したきっかけ

飛び込み・紹介経由・広告媒体など

引っ越しをする理由

就職・転勤・結婚など

顧客情報

  • 名前
  • 生年月日
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 勤務先
  • 業種
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 家族構成
  • 保証人

希望物件の条件

  • 種別(居住用か事業用か)
  • 希望のエリア
  • 利用交通
  • 契約形態
  • 間取り
  • 予算
  • 入居予定人数
  • 入居時期
  • 駐車場有無

 

あくまで不動産業者さんによって項目は異なりますし、もっとシンプルなアンケートを実施している店舗も多いと思います。

ですがもし不動産屋に来店した瞬間に、これらの情報の記入を求められたら、確かにちょっと抵抗を示してしまうのも分からない訳でもありません。

スポンサーリンク

不動産屋がアンケート記入を求める理由は?

それでは不動産屋さんが来店時にアンケートを求める理由にはどのような点が挙げられるのでしょうか。

 

お客さんの情報を知る必要性

賃貸であっても、お客さんに情報を提供してもらい、その希望条件に見合った物件を紹介するというのが基本となります。

情報や希望条件がわからなければ、条件に見合う物件があるかどうかも分かりません。

そのためお部屋を紹介する前に、まずお客さんの情報を示してもらう必要があります。

 

貸主(大家さん)への責任

お客さんとしては「なぜ自分の情報を提供しなければならないのか?」と感じているかもしれませんが、貸主も物件の住所や間取り・建物の構造など一定の情報を提供しています。

仲介をする立場である不動産屋さんからすれば、どこの身元が不明のお客さんに部屋を案内したとなれば、貸主に対して信用を失うことにも繋がり兼ねません。

また大家さんから内見後に結果状況を聞かれる事もありますし、空き室がなかなか埋まらない場合などには大家さんからアドバイスを求められる事もあるでしょうから、不動産屋としてはどのような人が内見に来たのかを把握しておく意図もあるでしょう。

 

連絡が可能

アンケート用紙に記入したくらいでしつこく営業をかけてくる不動産業者は少なくなっているとは思いますが、実際にあると思います。

しつこく営業をするという意味ではなく、例えば来店時には満室であったとしても、10日後には空き室になったというケースさえあるのです。

そのような場合にアンケート用紙に連絡先等の記入があると、再度連絡をして空いた物件の提案をすることが出来ますし、また類似する物件の空きが出た場合にも連絡をすることが出来ます。

それはお客さんにとってもメリットとなる筈です。

確かに個人情報は厳重に管理すべきですし、しつこい営業と捉われてしまうと逆効果ではありますが、アンケートにはこのような側面もある事でしょう。

 

本気度

お客さんによっては、数カ月先の引っ越しのために下見に来たという人や、冷やかし程度に不動産屋に来店したという人も中にはいると思います。

アンケート用紙にしっかりと記入するという事は、ある意味では本気で引っ越しを考えているという意思表示にも見えますし、またその不動産屋にお願いしたいと考えている気持ちの表れのようにも見えます。

もちろんアンケート用紙に名前や住所程度しか書いていない人でも本気で部屋探しをしている人は多くいると思いますが、客観的に見ればアンケートにしっかりと情報が記入されていれば、営業マンとしてもそのお客さんの本気度を感じる筈です。

お客さんによっても、すぐ決まる人と決まりにくい人がいるので、不動産屋としてもどちらかと言えばやはり前者を優先したいと考えるのは自然なことなのかもしれません。

 

不動産屋のアンケートまとめ

不動産屋さんのアンケートについて挙げてみました。

初めて不動産屋さんを訪れる人にはアンケートに少し抵抗を感じる人もいるのかもしれません。

ですがそれがお部屋探しに必要な情報であれば、やはりしっかりと記入した方が良い事も多くあります。

もしどうしても記入したくない情報があれば、その旨を担当者さんに確認してみるのも良いでしょう。

 

また不動産屋に来店してお部屋の紹介を受けるのが苦手な人は、来店不要の不動産屋を利用するのがお勧めです。

例えば「イエプラ」ではチャットでお部屋を紹介してもらえるので、来店する時間がない人や対面での営業が苦手な人にも向いています。

深夜0時まで営業しているので、忙しい方にもぴったりです。

イエプラ公式サイトへ

 

自分に合った不動産屋さんを見つけて、より条件に合ったぴったりのお部屋を見つけたいですね。

今回は不動産屋のアンケート用紙・受付カードについて挙げてみました。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸