「フリーレント」と「家賃スライド契約」の違いは?

今回はフリーレントと家賃スライド契約の違いについて挙げてみたいと思います。

賃貸には様々な契約形態がありますが、フリーレントや家賃スライドもその内の1つです。

今では空き室が続いている物件も多く、大家さんや管理会社も様々なサービスやキャンペーンを打ち出して入居者募集をしています。

似ているようにも見えるフリーレントと家賃スライドではどのような点が違うのでしょうか。

スポンサーリンク

フリーレントと家賃スライド契約の違いは?

それではフリーレントと家賃スライドの違いについて簡単に挙げてみます。

 

フリーレント

フリーレントとは入居後の家賃を無料とする契約形態です。

最近ではフリーレント付きの物件も多くなってきました。

フリーレントは主には2週間~3ヵ月程度の一定期間、家賃が無料で住むことができます。フリーレント期間は契約によって様々です。

フリーレントと言うと「何か訳ありの事故物件なのでは?」とイメージする方もいるかもしれませんが、そのような事はなく普通の物件が大半です。

 

なぜこのようなフリーレントを付けるかと言えば、単純に物件競争力をつける為です。

大家さんとしてもフリーレント期間後は確実に家賃収入が見込めますし、借主さんとしても一定期間家賃が無料になるだけでなく、前の家との二重家賃が発生しないというメリットもあります。

 

また例えば1人だけ家賃や礼金等の初期費用の部分を値下げしてしまうと、他入居者とのバランスが取りにくくなる事もあります。

その点でもフリーレントであれば一定期間経過後は他入居者と同じ条件で入居してもらえますので問題は生じません。

 

ただしフリーレントの場合には、例えば入居から1年未満で解約をした場合など、短期解約違約金等の諸費用がかかってしまうケースもありますし、フリーレントとは言っても無料になるのは家賃だけで共益費や光熱費・町内会費等が別途かかる事もありますので、事前に契約内容をよくチェックするようにしましょう。

 

家賃スライド契約

家賃スライド契約とは、簡単に言えば家賃が発生しない契約です。

家賃が発生しないと聞くと「フリーレントと同じなのでは?」と感じる方もいるかもしれません。

フリーレントと家賃スライドでは以下の点が違います。

 

フリーレント:入居後に家賃の無料期間がある契約

家賃スライド:契約から入居するまでの間の家賃が発生しない契約

 

そのためざっくりと言えば、無料期間が入居前なのか・入居後なのかという違いがあります。

それでは家賃スライド契約を利用する場合というのはどのような事例が考えられるでしょうか。

 

通常であれば、賃貸の契約後にすぐに家賃が発生してしまいます。

この家賃スライド契約の物件は不動産屋さんによっては10月~11月頃から多く出始めることが多いですが、例えば学生さんがアパートに来年の4月から入居する予定であった場合、年末の12月に契約をしたとすると1~3月の間はカラ家賃が発生してしまいます。

ですがこの家賃スライドを利用して、実際の家賃発生日は3月からでOKなど、家賃発生日をスライドさせる事ができます。

 

そのため借主さんとしては無駄な家賃を支払わなくて済みますし、1~3月の賃貸繁忙期の慌ただしい時期に部屋探しをしなくて済むというメリットもあります。

もちろん家賃スライドが適用できる物件には限りがありますが、もしそのような物件があれば検討してみるのも良いでしょう。

 

フリーレントが多くなる時期は?

それではフリーレントが多くなる時期はいつ頃なのでしょうか。

基本的にオフシーズンや閑散期というのはフリーレントが増える傾向があります。

しかも家賃相場というのは年々下がっており、これ以上家賃の値下げをするのは大家さんとしても厳しい所。

せめてフリーレントを付ける事で入居してほしいという家主さんも多い事でしょう。

 

フリーレントが多くなる時期としては閑散期である10~12月・4~6月あたりが多いかと思います。

また交渉をしてみる事でフリーレントを付けてもらえるケースもあり、この点は不動産屋の営業マンに裁量が任されている事もあります。

 

ただしフリーレントだからと言って、手放しに喜ぶことは出来ません。

フリーレント前提で、周辺相場よりも家賃が多少高めに設定されている可能性もあるからです。

そのためフリーレント物件を提示された時には、周囲の物件と家賃相場を比較して検討をしてみるのが良いかもしれませんね。

 

フリーレントと家賃スライド契約の違いまとめ

フリーレントと家賃スライド契約の違いについて挙げてみました。

どちらも魅力的なサービスではあり、特に入居予定日が先であったりする場合には利用価値のある契約だと思います。

また繁忙期にバタバタするのがイヤという人も、この契約形態を検討してみる価値はあるでしょう。

ですが便利である一方、契約内容に思わぬ落とし穴やデメリットが潜んでいる可能性もゼロとは言えません。

フリーレントや家賃スライドの場合には、事前に契約内容をしっかりと理解した上で契約に臨むようにしたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク



第1位【チャットでお部屋探し】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸