家具家電付き賃貸では何がついてるの?メリット・デメリットは?

今回は家具家電付き物件の注意点などについて挙げてみたいと思います。

引っ越しをする時にはお金がかかります。

不動産屋へ支払う初期費用や引っ越し料金・家具や家電を購入するとなると数十万円単位のお金がかかる事が通常です。

また短期間だけ入居するのであれば、家具や家電を購入するのは勿体ないと考える人もいるでしょう。

そんな方々には家具家電付きの物件に人気があります。

スポンサーリンク

家具家電付きって何がついてるの?

現在では家具家電付きの物件も多くなってきました。

それでは家具家電付きの賃貸物件では、具体的にどのような家具や家電が備え付けられているのでしょうか。

主には以下のような家具・家電が挙げられます。

 

  • ベッド
  • ライティングデスク
  • ダイニングセット
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン
  • 炊飯器
  • 電気ケトル
  • ソファ
  • 座椅子
  • テーブル
  • カーテン
  • テレビ
  • テレビ台
  • 収納のシェルフ
  • ハンディクリーナー
  • 照明器具

 

つまり生活をしていくための必需品となるような家具・家電はほとんど付いている物件も多いです。

また足りない家具・家電があった場合にはレンタルできたり、追加費用を支払う事で追加できる物件もあります。

 

家具家電付き賃貸のメリット・デメリットは?

それでは家具家電付きの賃貸物件のメリット・デメリットとしてはどのような点が挙げられるでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

メリット

初期費用を抑えられる

入居時に家具家電が付いている事で、購入する必要がなく引っ越しの費用を抑えることができます。

 

引っ越し時の手間が省ける

引っ越しをする際にはダンボール等に荷物を詰めて引っ越し作業をする必要がありますが、家具家電付き物件であれば入居した日からスムーズに生活を始めることが出来ます。

 

引っ越し料金が安くなる

引っ越し時に家具や家電を運ぶ必要がない場合には、その分荷物料が減ることにより引っ越し費用を抑えられる場合があります。

 

生活費を抑えられる事も

家具家電だけでなく、最近ではwifi使用料や光熱費込みの物件も多くあります。

そのような物件であれば生活費を抑える事も可能です。

 

家具の処分費用が不要

家具家電付き物件の場合、退去時には室内に家具家電を残して退去します。

そのため退去時に不要な家具や家電があったとしても自分で処分する必要もなく、手間や費用がかかりません。

スポンサーリンク

 

デメリット

家具・家電は新品ではない

家具・家電付き物件に備え付けられている家具や家電は、多くは以前の入居者が使用していた中古品です。

もちろんクリーニングが入っていたり、劣化具合によっては新品に買い替えた物もあるかもしれませんが、退去ごとに次の入居者のために家具家電を買い替えるといった事はありません。

そのため以前の入居者が使っていた中古の家具家電に抵抗がある人もいるかもしれませんし、神経質な人などは家具家電付き物件に向かないという人もいるかもしれません。

 

家具・家電は選べない

家具家電付き物件では部屋に備え付ける家具・家電を選ぶことはできません。

例えばもう少し大型のテレビが良いと思っても備え付けのテレビで我慢する必要も出てくるでしょうし、新型の洗濯機が欲しいと思っても既に付いている洗濯機を使用することになります。

 

家賃が割高なことも

家具・家電付き物件の場合には、周辺相場と比較すると家賃が割高になっている物件も多いものです。

そのため家具や家電を購入した場合の費用や交換・修理費用などを考慮した上で、その家賃が適正なのかどうかを判断する必要があります。

特に長期間住むのであれば家具家電付き物件は割高になりやすい場合も多いので、コスパをよく考えて部屋選びをしましょう。

 

修理代金の負担

家具家電付き物件によっては、家具や家電を故障させてしまったり破損させてしまった場合、購入費や修理代金を借主が負担する契約内容になっている物件も多くあります。

そのため契約時には契約内容をよく確認しておく必要があります。

特に家具家電付き物件の家具や家電は中古であるため、使い方によってはすぐに故障してしまったりする可能性もゼロとは言えません。

 

シンプルな家具・家電が多い

家具家電付き物件ではシンプルな家具家電が多めです。

貸主側としても多くの入居者が部屋を利用する事を前提としているので、個性的なセンスやデザインの家具家電はあまり置かれていません。

シンプルで大衆的なデザインの家具家電も多いので、自分なりに部屋を模様替えしたいという方には不向きになる事もあるでしょう。

 

家具家電付き物件はどんな人が向いている?

それでは家具家電付き物件はどのような人に向いているのでしょうか。

以下に挙げてみます。

 

向いている人

  • 家具家電の購入費(初期費用)を抑えたい人
  • 転勤・単身赴任が多い人
  • 引っ越しに手間をかけたくない人
  • インテリアにこだわりがない人
  • 卒業したら実家等に戻る人

 

向いていない人

  • 自分のセンスで部屋を模様替えしたい人
  • 長期間住む予定の人
  • 多くの物件の中から部屋を選びたい人

 

家具家電付き物件が良いかどうかは個人の考え方にもよりますが、長期間住む予定の場合には家賃が割高になってしまう事も多いため、入居期間や自分の生活スタイルに合った部屋を選ぶことが大切です。

 

家具家電付きがいらない場合は?

それでは家具家電付き物件の中で、一部の家具や家電が不要な場合はどうすれば良いでしょうか。

例えばテレビを見ない人がテレビを部屋から引き上げてもらうなど、不動産業者に持って行ってもらったり自分で撤去してしまう事はできるのでしょうか。

 

これも物件によってルールは様々ですが、多くの家具家電付き物件では、家具や家電を勝手に他の部屋やベランダに移動させる事は禁止されているケースが多いです。

また不動産業者に引き取ってもらうようにお願いしても、断られる場合が多いでしょう。

 

家具家電付きの賃貸物件の場合、やはり基本的には備え付けてある家具家電はその部屋の室内で借主が管理することになるのが通常です。

また勝手に取り外しをしてしまうと、業者によっては後々に取り付け料金を請求されないとも限りません。

やはり家具家電付き物件で備え付けてある家具や家電はそのまま室内で使用・管理をするようにしましょう。

 

賃貸の家具家電付き物件まとめ

賃貸の家具家電付き物件のメリット・デメリットについて挙げてみました。

家具家電付き物件は引っ越し時にも便利ですし、家具や家電を購入しなくて済むのでスムーズに生活を始めることが出来ます。

ですがその反面、家賃が割高になってしまったり自分の好きな家具を設置しにくい等、幾つかのデメリットも考えられます。

家具家電付き物件では、自分の入居期間や家具家電の購入費用を想定してメリット・デメリットをじっくりと考える事が大切です。

自分の生活スタンスに合った賃貸物件を選びたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【チャットでお部屋探しができる】 イエプラ
第2位【入居決定でお祝い金がもらえる】 キャッシュバック賃貸
第3位【入居決定でお祝い金がもらえる】 DOOR賃貸